RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

風が永い旅を続けてきて。

2012.11.05 Mon
このブログを始めて、6年半の時間が過ぎました。

秋田から「日本一のトレーナーになる」という、

よくわからない野心を持って中京大学に入り、

いろんな刺激的な人たちに出会い、

その人たちがブログという場所で、

心を揺さぶられるような文を書いていること知りました。

「文でも、これだけ人が出るのだな」

と感動したことを覚えています。

そこから、大学のサークルのみんなに、

そして、全国にいるトレーナー仲間に、

「大友勇太は今、こんなことを考えています」

ということが、伝わればいいなと思って

このブログを始めました。

大学の頃は、授業もほとんど出てなかったので、

その有り余る時間の中で、ブログのタイトルを考えて、

意外にすぐに「風の永い旅」という言葉が浮かんできました。

ちなみに、この言葉は結構好きで、

初代iPod touchの、背面の刻印にも入れてあり、

今は実家の姪っ子が使っています。

人が好きで、今もこのロルフィングというボディワークを通して、

多くの人に関わらせてもらっていますが、

昔からその思いはありました。

ブログを始めたときから、いろんなところに旅に行って、

そこでいろんな人と、いろんな話をしました。

今すぐにでも思い出す話もあれば、

もう忘れてしまったものもありますが、

大事に僕の中にあると思います。

風のようにどこへでも行き、

そして、そこで人に触れ、人と関わり、

そして留まることなく、

また次の場所へと歩き出す。

そんな終わりのない、永い旅が、

僕の人生なのかなと思います。

今は、ロルフィングに出会い神戸にいます。

ここから先、またどこに歩き出すのか、

風がまた教えてくれることでしょう。

6年半、このブログを大切にしてくれて

本当にありがとうございます。

次の旅の話は、Rolfing House festaのHPに

書いていきますので、

またそちらも覗いていただけたら、

これ以上幸せなことはありません。

このブログを育ててくれて

ありがとうございました。

新しいブログもよろしくお願いしますね。


では




Yuta


スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(11) | Trackback(0) | top↑ |

こういうわけで。

2012.09.13 Thu
ブログを始めて以来、

一番間を空けてしまいましたが、

僕は元気にやっています。

僕自身、8月10日に28歳になり、

8月18日に東北でap bank fes' 12があり、

その日に入籍をしました。

以前から、親しい人たちには、

「28歳で結婚します!」

と、お付き合いをしている人がいないのにも関わらず、

よく分からない宣言をしていましたが、

その通りになりました。

幸せです。

今は、神戸での家族だけの結婚式、

それに引き続き、

山形と神戸で1.5次会と呼ばれる会の準備と、

さらにはミャンマーでの仕事も始まり、

「ああ、もうそんな時期ですか」

と、暦の感覚もなくなるほどに忙しくしていました。

さらに、自分のお店、Rolfing House festaの

HPを作成していて、

そちらにブログを移行させようと思っているので、

こちらはご無沙汰していました。

また新しい方も、ちょっと見た目が変わるくらいで、

おんなじようにやっていきますので、

変わらず、たまに覗いていただけたらうれしいです。

新しいHPが、みなさんにお見せできる状態になりましたら、

ここで紹介させていただきます。

それまでの間、過去の勢いのある感じの僕の文章を、

ぱらぱらと覗いてみてください。

それではまた、ここで。


SDIM0321




Yuta

Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

SIGMA DP2 Merrillで撮りました。

2012.08.06 Mon
文章って自分のことをすごく映していて、

だからこそこうやってブログをやっています。

最近、どうしても回りくどい文章になっていたので、

写真を載せます。

写真はSIGMA DP2 Merrillで撮りました。

めちゃくちゃ楽しいです。




SDIM0004

近くの家の人は、いつも気持ちよさそうに洗濯物を干してます。

いい家庭なんでしょうね。




SDIM0005

夏休みの学校。




SDIM0011

お気に入りの喫茶店。

現在3代目らしいです。




SDIM0096

昔、市場があったみたいです。

たまに人がいます。




SDIM0113

山が近いので、岡本でロルフィングしてます。




SDIM0118

一番近くのカフェ、ミドリカフェさん。




SDIM0121

ミドリカフェさんで、うちわを作りました。




SDIM0124

ビニルプールの残り水を、打ち水してました。

涼しかった。




SDIM0147

ようやく、三ノ宮の写真を載せれました。

センター街です。




SDIM0152

Patagonia神戸近くの交差点。




SDIM0158

夏っぽいですね、雲が。




よい夏を。


Yuta

Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

何も言わない饒舌。

2012.07.30 Mon
小関さんのバランス講習会に久しぶりに参加した。

小関さんは山形の方で、神戸の前の職場でも

講習会をしてもらったりもした。

とても賢い道具を作られてて、

その道具に触れると、

自分の均衡が崩れ、

いつもとは違う均衡を探そうとする。

僕らは、今はまっすぐなものに囲まれているけど、

自然にはまっすぐなものなど存在せず、

それは、漫画バキの中でも、

ピクルの平らな地面への驚きで表現されている。

確かに、僕は山の中で育ったけど、

平らな地面などなくて、

デコボコしているし、

崩れたり、ぬかるんだり、

実に表情が豊かだ。

そんな地面に応じて、

僕のからだは、その時の一瞬一瞬の均衡を探し、

姿勢を変えていたんだと思う。

そんなからだは、どこかに滞ってはいなくて、

刻々と変化する地面に対して、

どうにでも対応できるように、

ゆるんでいたような気がする。

でも、最近の生活だと、

地面は無表情だ。

そうなると、そんな地面に対して、

僕のからだは無表情を返して、

変化も少なく、流れも滞ってくる。

そんな流れを失った、

流動性を失ったからだに、

小関さんの道具を触れさせると、

からだが動き始め、

その道具に対して、

新たな均衡を求め始める。

からだの構成要素を細かくしておかなければ、

道具に乗ったときに、すぐにころんと転がってしまう。

からだを割って割って、これ以上に割れない状態になったとき、

周りの音は静かになって、均衡が訪れる。

結局、からだの痛み、不調は、

からだの流れが滞っていたり、

からだの構成要素が、単純なものになったときに、

起こってくるのではないかと思う。

「からだはコントロールできるものだ」と、

僕らがからだを上位から支配しようとするときに、

どうやら不和が生じるみたいだ。

腹筋を鍛えたら、腰痛が治る。

どうにも不和が聞こえてくる。

何年か前に、小関さんのブログを見つけ、

小関さんの文章の流れに乗っていると、

自分のからだの中で、

何かが動き始めたのを感じた。

その言葉たちは、決して多くは語らずに、

ただそこにある。

けど、それに僕が関係を求めたときに、

僕のからだには変化が起きて、

新しい動きを見つけていた。

すぐに、トレーニング指導していた選手に、

「小関さんのブログを見てきてください

 それが次のトレーニングまでのトレーニングです」

と伝えた。

その選手の動きの質が変わったのは、

言うまでもない。

大阪で初めて小関さんにお会いして、

小関の道具たちにも出会った。

言葉よりもさらに何も語らない道具たちは、

ただ、「触れてこい」とだけ僕に要求する。

そこからは、道具と僕のからだの、

豊かな会話が始まって、

僕のからだはみるみる変わった。

そのからだの中で起こった事実を、

どう受け入れようか、

それを、ロルフィングの中に見つけようとしていた気がする。

「どうにか、僕の手で、小関さんの道具を再現できないか」

そして、先日、久しぶりに小関さんにお会いして、

新しい道具にも触れた。

僕がロルフィングで表現しようとしていたことは、

すでにその道具に含まれていて、

ロルフィングを学んだ2年間を思い出した。

「何も言わない饒舌」

そんなセッションがしたいなと、

小関さんと別れ、帰りの電車の中で思った。

少し、しゃべり過ぎていたように思う。

http://www.m-bbb.com/




Yuta


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

続いているもの。

2012.07.14 Sat
ロルファーの幸田さんにお会いした。

何度もお話を聞いていたので、

一度お会いしてみたいなとは思っていた。

人からイメージを伝えられていたので、

なんだか勝手に「コウダさん」のイメージばかりがふくらんで、

僕は幸田さんにもう会ったことのあるような気さえしていた。

部屋に入って、もうすでに何人かいらして、

僕はその中に「コウダさん」を見つけることができず、

あとから、「あの人が幸田さんだよ」と教えてもらった。

人のイメージってのはおもしろくて、

見たいものじゃないと見えない。

そこで正しいとか、正しくないってのは、

そんなに意味がないことで、

ただ見たいものだけを見る。

だからって、一度お会いしたことがある気がしていたコウダさんが、

簡単には頭の中から消えてくれるわけではなく、

コウダさんと幸田さんがしばらく一緒にいた。

幸田さんは身のこなしが素晴らしくて、

動きもきちんとできていた。

まずはその動きをきちんとからだの中に入れてから、

それで取り込むかどうかを判断されていた。

丸呑みしちゃうのも危ないし、

だからって、口の中に入れなくても、

何もわかることはない。

25年もロルフィングができる理由がなんだか見えたような気がした。

帰りの頃には、結構な勢いで雨が降ってきて、

幸田さんが傘をシェアしてくれた。

なんとも光栄なことで、濡れるのも気にせずに、

いろいろと聞きたいことを聞いた。

帰りの電車は違う方向だったから、

僕は東梅田行きの電車に乗ったけど、

そうじゃなかったら、もっと話していたかったな。

幸田さんとお会いして、そしてお話できてよかったと思う。

僕も長くロルフィングがしたい。




Yuta


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。