RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

違いの分かる男

2006.05.31 Wed
「同じ学校なのにな~。」


何回か授業をやっていると、各クラスの違いが分かってくる。


すごく元気があるけど、言うことは聞かないクラス。

元気もあって、やる気もあるクラス。

元気もやる気もないクラス。


40人くらいいるが全員がそうではないと思う。

結構周りに合わせちゃっているのがほとんどだと思う。

5人くらい雰囲気を決定づける生徒がいて

他はその雰囲気に合わせている。

ここでも意思を持っていないなと感じてしまった。


元気があり、やる気もあるクラスは、最初から

うまかったわけではない。

けど、人の話もきちんと聞けるし、うまい子らが

自然に苦手な子に教えていたりする。


何回か授業を重ねてくると、それがプレーに出てくる。

ソフトボールのキャッチボールもほとんどできなかったのに

今ではノックも普通にできるようになってきた。


その過程に関わっているので、すごくうれしかった。

これがこれが先生の魅力なのかなと思った。


できないことが、みんなの協力もありできるようになる。

その過程を通し、「自分で状況を打破する」ことを

伝えていけたらいいな。



そうなってくるとテンションだけのチームとの

違いがはっきりとしてくる。


テンションは高いが、話は聞いていないし、やろうとも

しないので、最初はすごくうまかったが、それ以降は

ほとんど上達していない。


それだと、「ソフトボールうまいね。」だけになってしまう。

スポーツを通して何かを伝えてはいないような気がする。


「スポーツがうまくなる」だけの指導ではなく、

それを通して「自分は何を伝えたいのか?」を

考えていかないと厳しい世の中だと思う。


凶悪犯罪の犯人が若い人だったり、学力低下、

学級崩壊など、様々な問題が起こっているが

『体育』のできる可能性はすごくあると信じている。


頑張りましょう!体育人!

仕事は違えど、僕も同じ道に生きる人間として

社会に貢献できることを一生懸命頑張ります!


そんな熱い志をもった仲間がいっぱいになったら、

今よりも少しでも増えたら…


そうなったらすごくいい世の中になると思うんですが…



いつの日か絶対!


関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。