RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

What are you studying about?

2010.04.29 Thu
そんな「勉強できて有難い有難い」って、

「一体何を勉強してんの?」


って声(もごく一部の人にはあるかもしれない可能性)にお応えして、

書きます。


別に、何も「やらなければいけないこと」はないのに、

勉強してたらあっちゅう間に一日が終わってしまいます。


基本的な活動場所はカフェです。


図書館でもいいのですが、会話のBGMがないんです。

カフェだとみんないろいろ話してますからね。


ちょっと疲れて一息つくと、

周りからいろいろな会話が聞こえてきます。


気心知れた外人さん同士の会話なので、

速いし、スラング的な表現も使ってるので、

ほとんどわかりませんが、

たまに、「それ聞いたことある!」って、

ちょっと聞き取れたときにはうれしくなります。


そんな理由でカフェを拠点にしています。


今は3箇所でローテーションしています。

5箇所くらいには増やしたいですね。


その中で、特に最近お気に入りなのが、

”TRIDENT”ってお店です。


古本屋さんと連なってて、

店内にはコーヒーの良い香りが漂っています。


お茶の種類も多く、いつもは「ほうじ茶」をいただくのですが、

今日は「煎茶」をいただきました。


結構、外人さんの「お茶率」は高いです。

「Mac率」の次くらいです。

あ、ちなみにBoulderは異常に「Mac率」は高いみたいです。

乗り換えて正解でしたね。


古本屋さんも僕好みの本が置いてあって良いです。

日本では「なんか古本ってイヤ」って思っていたのですが、

ここBoulderでは「ちょっといいかも」って思い始めています。




これが”TRIDENT”です。


CUの学生さん、アーティストの方、ビジネスマン、

特にご年配の方々が多いのが”TRIDENT”の特徴です。


日本でも、Boulderでも、

なぜか「年齢層高め」の喫茶店に惹かれちゃいます。


ご年配の方でも、

脳とか、哲学っぽい分厚い本を読んでいます。

尊敬です。


”TRIDENT”だけでなくBoulder全体に言えることなのですが、

「東洋思想」がかなり根づいています。


だからyogaも盛んですし、RolfingみたいなコンセプトのBodyworkが

広く認知されていたり、ここ”TRIDENT”は特にそういう本が多いです。

至る所に、”ZEN”とか、”Ki”とか、”Buddhism”とか目に止まります。


今日、壁の額を取り替えていました。


よく見ると、「霊」、「龍」、「春」などの習字が

飾られていました。

写真で確認できますかね?




P1010615.jpg

”TRIDENT”は天井が高いのがいいですね。

なんだかとてもゆったりして、集中と緩和のいい波が訪れます。




P1010617.jpg

ちょいとわかりにくいですが、”TRIDENT”の外観です。


ちなみに写真を撮ったのは夜9時なのですが、

山の方がまだ若干明るいかなって感じです。


今日は結構寒かったです。

朝は雪降ってましたし。




P1010618.jpg

家に戻ると、部屋にダンボールの山が、


amazonで注文したダンボールが3個届いていました。

ほとんどRolfingで使うテキストです。


普通に日本でも見かけそうなanatomyのテキストもあるのですが、

この前の紹介した”Educated Heart”とか、

”Anatomy of Movement”みたいな本もあって、

授業で使うテキストがすでに僕好みです。笑




P1010619.jpg

なんとなく並べてみました。


日本から持ってきた「内田樹」さんの本とか、

伝説の今はなき「エンタープライズ社」から販売された、

オステオパシーとか、クラニオセイクラルの本もありますが、

英語の本が数は超えました。


A4、1ページに何時間もかけてる奴が読みきれるんでしょうかね。


でも、アメリカにもいろいろ面白い本はたくさんあります。


”emotional anatomy”って、感情とanatomyの関係だったり、

”Dynamic Alignment through Imagery””って、

具体的な動きの中でのanatomyだったり、

普通のanatomyがどうも取っつきにくい人にいいかもしれません。

イラストがユニークです。

イラスト見た瞬間に、「これは買いだな」って感じました。


ちなみ伝説の「エンタープライズ社」で販売されていた

僕も持ってるオステオパシー系の本は、

エンタープライズの閉店セールで半額になりましたが、

定価は10,000~20,000円でした。

20,000円の本なんか持ってますか?

辞典でもそんなしないですよね。


でも、どれもめっちゃいい本なんですよ、僕好みの。


ヒロさんと、

「エンタープライズなくなっちゃうの寂しいね」

って話してたのが懐かしいです。


今じゃ、ヤフオクとかでも入手はほぼ不可能ですからね。


でも、アメリカだとばっちりあります。

オステオパシーとかが、日本より認知されて西洋的な「医者」と

同じ「医者」として認められてますし、アメリカ生まれですからね。

しかもお値段は、20~50ドルくらいで変えます。


何でそんなに違うんだよ~。泣


めちゃくちゃいい本なので、英語の勉強がてら、

何冊か買ってみてください。

オススメです。


そんな本を普段は読んでます。

今は日本語のやつ中心です。


テクニックのところを読んでも練習できないので、

コンセプトの部分を中心に読んで勉強してます。




P1010622.jpg

そして今や、「勉強に欠かせないパートナー」のMacBookです。


「ALC」を使って、電子辞書代わりに使っています。

とても便利です。


左の「ジーニー型クリーナー」はかなり重宝してます。

患者さんから「ディズニーランドおみやげ」としていただきました。


暇があったら、磨いてあげてます。

ますます車好きの人の気持が分かってきました。

その内話しかけてるかもしれません。笑




P1010633.jpg

最近持ち歩いている本です。


小さい方が、Rolfingの創設者”Ida Rolf”さんの本です。

2冊有名な本があるのですが、こちらは「コンセプト」編です。

”Rolfing and Physical Reality”っていう本です。


もう1冊が、“Rolfing”です。

そのまんまですね。

こちらは「テクニック」編です。

具体的なRolfingのことを書いています。


それに比べると、今読んでる方は「コンセプト」編と言いましたが、

「Ida Rolfがワークの際に大事にしていた考え、想い」が

書かれていて、より”Ida Rolf”さんっぽさが出ているのかと思います。


「”Ida Rolf”にはこんな一面もあるのよ」って知ってもらうために書いたって、

本の執筆を支えた人が書いていました。


前のブログにも書きましたが、

その人の「人生の物語を味わう」ってことが、

何か「方法論」を学ぶ際には大事だと思っています。


「方法論」は、その「人生のオマケ」みたいなもんですからね。




でっかい方の本は、いい本です。

とにかく僕は好きです。


いろいろ詰まりすぎてて、日本語なのに全然進みません。笑

moleskinノートはそのメモで溢れかえってます。




P1010634.jpg

あんまり小難しい本ばっかり読んでも、

めんどくさい人間になっちゃいそうなので、

「小説」も買いました。


村上春樹さんの「海辺のカフカ」です。

英語では”Kafka on the Shore”です。


僕、日本にいる時から「小説」って読まないんです。


この世に「大切な真理」ってのがあるのだとしたら、

例えば僕なら、

「交換ではなくて、贈与できる人間になる」(内田さんより)

って、「公式」をどんって「生」で渡された方が

僕は好きなんです。


だから、僕の神戸の家の本棚にはそんな「小難しい本」ばっかり

並んでいました。

延々「堅苦しい公式」ばっかりの。


でも、それってそういう難しい中に真理があるのかっていったら、

「何気なく暮らしている毎日の中にこそ」あるんですよね。


そんな「公式達」を、ランダムに「物語」という形に落とし込んでるのが、

「小説」なんだと思います。


数学みたいな感じですね。


最初に「公式」を覚えて、その後にその公式を使った「練習問題」を解きながら、

その「公式という道具が扱える範囲」を身体で覚えていって、

最終的には、「どの公式を使ったらいいのかわからない問題」を解けるようになる。


確かに、

「公式」なんて意識せずに、どんどん「物語」を浴びまくって、

そんで意識までは上がってこないけど、「おぼろげな公式らしきもの」は蓄積されてて、

ある日、「公式」に出会うと、

「あー、なるほど、あの物語のあの場面のことか」って、

一発で「公式」が身に入る。


そういうのもいいかと思います。


でも、僕は先に「公式という道具」をいろいろ知りたいんですよね。

それから「現実」、「問題」に向き合いたいんですよね。


だから、あまり「小説」は意識的に読まないんです。


だって「普段の日常」ですからね。


ある人の生きてきた人生の道のりを会話して聞くのも、

小説の代わりにはなるかと思います。


「では、なぜそこまでまわりくどく『小説』のこといきなり語り始めて、

『村上春樹の小説』を読んだのか。」


それは、

英語の勉強をしたいんだけど、

英語の小難しい本を読んでいても疲れるし、

普通の会話では使わない言葉ばかり偏って覚えるし、

小説なら日常会話の表現も出てくるし、

内田さんが村上さんのこと褒めてるし、


なら、

「村上春樹の英語の小説」を読もう、

となったわけです。


長々すいません。


でも、

いつか「なぜ『小説』を読まないのか。」に関しては、

自分で記録に残しておきたかったもので。


てなわけで、これからちょこちょこ読んでいきます。




P1010632.jpg

そして、これが僕の真骨頂、

「とにかくweb上で気になった情報はまとめて本にしてしまえ作戦」です。


内田樹さんの本って、ブログをまとめたのが多いんですよね。

「それだったら、ブログの気になった文をプリントアウトして、

 自分のmoleskinノートに貼っちゃえばいいじゃん。」

って魂胆です。


なので、茂木健一郎さんの英語のブログで英語の勉強したり、

山上亮さんのブログで整体のことを学んだり、

ヒロさんのブログ、けいじさんのブログなどで、先輩Rolferさんの考えを学んだり、

後輩のブログや、ヤフーニュースなど、

「勉強になるな」と感じたものはすぐにプリントアウトして

お気に入りのノートに貼りつけます。


これで、僕だけの「教科書」が完成するわけです。


”Ida Rolf”さんの本を紹介しましたが、

先輩たちのブログをまとめるだけでも、

かなり立派な本になります。


「茂木さんと養老先生と内田さんと対談したらおもしろいだろうな」

って本が自分で作れます。


「極度の好奇心」がある人にはオススメです。

プリントアウトして、はさみで切って、ノリで貼りつけるって

その「手間」が、本への「愛情」になります。




P1010623.jpg

こんな感じで貼りつけます。


そして、その文章の中のフックしたものから、

どんどん「自分の考えが走り始めます」。


それをペンで勢い良く書き込んでいきます。

ノッてくると「字も走りだします」。


全然、関係なさそうな上記の方々が、

ひとつの線で結ばれる瞬間もあります。


何気ない内田さんや、茂木さんの全く別の分野の方の文章によって

動きのアイディア、タッチのイメージが膨らむことがあります。


どうぞよかったらお試しください。




P1010631.jpg

左が「風の永い旅 15巻」で、右が「風の永い旅 14巻」です。

15巻はまだほとんど貼りつけてないのですが、

14巻は色々貼りすぎて、パンパンに膨れ上がってます。


大体、朝にこしらえて、お昼からそれを勉強します。




P1010635.jpg

最後は一日の締めですね。

「TEDで聞き流し作戦」です。


TED”ってサイトがあるのですが、

様々な分野の人達が、短い時間で「プチ講演」してくれます。


もちろん無料ですよ。

本当に分野は多岐に渡ります。


日本語訳の「脳の中の幽霊」って本の著者のラマチャンドランさんっていう

脳科学者の人の話や、


「成功するための8つの条件」みたいな自己啓発系や、


「地球が泣いてるよ。みんなで地球を癒そうよ。」みたい環境問題のことや、


いろいろ語ってます。


限られた時間の中でのプレゼンなので、

非常にわかりやすくまとめらていますが、

同時に速いので聞き取れません。


でも、ちゃんと字幕もあるんですよ。

日本語字幕より、僕は英語字幕で観ています。


それでとにかく単語を追ってます。

意味はわかってません。


それをしてたおかげで、「言っている単語はわかる」ように

少しずつなってきました。


そんなんを寝る前にボーッとします。

あまり気合は入ってません。




以上、長々と書きましたが、

「何勉強してんの?」

のアンサーブログでした。


頼まれてもないのによくもこんなに書きますね。


それではTED観て寝ます。


明日はUnit lllの方々の卒業パーティーです。

混ぜてもらいます。


ちゃんと聞き取れたらいいな。



TED観よう。




Yuta




関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。