RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Met A-Basin.

2010.11.30 Tue
Thanksgiving Dayにスキーに行ってきた。

のぞみさんとScottと3人。

のぞみさんはこっちで世話になってる居酒屋の店員さん。

山形出身。

Scottは旦那さんで、山形でALTしてた。

日本で一番のお気に入りは山形県朝日町。

ALTの候補地が、「山形、北海道、長野」。

全部スキーエリア。

それほどスキーが好き。

火曜日にScottと一緒にBoulderのスキーショップでレンタル。

荷物になるから、スキー道具は全部神戸の友達にあげた。

子供たちしか並んでないレンタルの列に、

俺とScottが二人。

ブーツ、スキー、ポールで一日2,500円ほど。

しかも、ブーツはSALOMONだし、きちんとしてる。

さすがBoulder。

Thanksgiving Dayの前日はScottと前夜祭。

有無で飲む。

調子にのって初孫たくさん飲んでたら、

のぞみさんに止められた。

すいません。

いよいよThanksgiving Day。

当日は5時30分集合。

案の定、Scott、のぞみペア遅れる。

ちなみに僕は興奮して4時起き。

Thanksgiving Dayは多分、今シーズン最高に寒かった。

Boulderで-12℃くらい。

出発して20分ほどで、Scott財布忘れに気づき、

結局、6時30分にBoulderを再出発。

旅っぽいね。

目的地はA-Basin。

Boulderからは2時間ほど。

標高は4000m近くあり、

その日の最低気温は-27℃。

イェイ。

寒いのを突き抜けて、痛い。

ここA-Basinは、

大学の後輩、

そしてスノボード日本代表の

白川尊則の海外遠征練習地。

合わせたわけじゃないけど、

Scott、のぞみさん夫妻の好きなゲレンデと、

彼の練習地が一緒だった。

彼とはもう2~3年会ってないから、

神様に感謝。

まさか、コロラドで会わせてくれるとはね。

日本代表になった彼にね。

尊則がケータイ持ってなかったけど、

多分この流れだったら、

偶然に出会えるって確信があった。

そしたら、チケット買ってたら歩いてた。

やっぱ会った瞬間、あの頃の空気になる。

でも、まだまだ俺が中途半端から、

長話はできなかった。

もう少し俺も立派にならんとね。

尊則、がんばれよ。

このA-Basinというゲレンデ。

ここらの山の中じゃ一番小さいらしいが、

規模が違う。

日本と、同じ括りにしちゃいけないね。

各ゲレンデってよりも、各山って感じ。

こんな場所でスキーしてたら、

そりゃうまくなる。

雪質も全く違う。

全くね。

正直、これがあったら、

後は何もいらんと思う。

めっちゃ山の中だけど、

帰る家があれば十分。

もう、リフト乗ってる時は、

口が開きっぱなし。

こんな景色見たことない。

神様のさらなるギフトで、快晴。

それが手伝って、山の輪郭がはっきり見える。

本当に、映画の中にいるみたい。

こちらの山は強い。

日本のは柔らかいけど。

山頂付近は、山が壁みたいにそびえ立ってる。

音は何もしない。

あぁ、久しぶりに無音を聴いた。

山頂から、一番良く景色が見えるところに

Scottが案内してくれた。

ずーっと山がつながっていて、

ここにいればいいと思えた。

あの先に行こうとは思わなかった。

海とは違うね。

山は内に向かう。

スキーめっちゃしたいけど、

酸素薄すぎて頭が朦朧とするし、

疲れてないのに心臓が飛び出そうに脈打ってる。

そりゃそうだ、富士山以上だもん。

Boulderに来たときには高度は感じなかったけど、

さすがにあまり運動してない人が、

いきなり4000m近くで運動したら危ない。

スキーで休憩するときは、

太ももがパンパンになった時くらいだったけど、

心臓がしんどくて休憩はたくさんした。

Scottとのぞみさんは普通にうまくて、

ついていくのでやっとだった。

もっとスキーを積みあげたい。

テレマークが多いのが印象的だったな。

こっちで働いて、夏に働いたお金をスキーにつぎ込んで、

夜は風呂入って、ビール飲んでりゃ何もいらないな。

あぁ、こっちで暮らしたいな。

神様がもう一つギフトで、

こっちで働けるご縁をくれたらな。

今年ももう終わるね。

来年には、帰ることになるのかね、

それともまたこの雪を見れるのかね。

またこんな奇跡に会えたら最高だ。






With Nozomi.



A-Basin-2.jpg

With Scott.




Yuta


関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。