RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Boulderと1年間。

2011.05.15 Sun
今、San Franciscoにいます。

羽田への飛行機を待っています。

いよいよ、1年以上住んだBoulderを離れました。

おかげさまで、いろいろな方々にパーティーをしていただき、

毎晩大はしゃぎでした。

何も知らずに歩きまわった街、

シャワーの使い方すらわからないかった家、

英語で必死にコミュニケーションをした友達、

そんな知らなかったものたちが、

今では、こんなにも僕のこころを揺さぶっています。

神戸を離れる時よりは、時間がゆっくりあったので、

その分、その揺さぶりを正面から受けてしまっています。

こんなにもBoulderという場所が好きだったのかと、

痛みを伴って実感しています。

あれだけ、大学時代にアメリカに憧れていて、

卒業後も3年間もあったのに、

何一つ具体的になることはなく、

ずっとこころの片隅にありました。

でも、Rolfingに出会ってからは、

気づいたら、DIAからのSuper Shuttleを降り、

BoulderのJudyさんの家に立っていた感じです。

「Yutaって男なの?女じゃないの?」

ってところからJudyさんとの生活は始まり、

Bill, Brian, そしてShariと暮らしました。

クラスのないときは、何もすることがなく、

裏庭のベンチに座って、本を読んだり、

日本ではあまり見ないリスを眺めたり、

のんびりな時間を過ごしました。

カフェには本当によく行きました。

Boulderには、たくさん素敵なカフェがあるので、

何個かをローテーションしながら、

何時間もいました。

Rolfingのunitが始まってからは、

毎日が大変な日々で、

とても余裕などありませんでしたが、

最高の先生、そしてクラスメイトに恵まれ、

なんとか終えることができました。

アメリカ国内の旅もしたし、カナダにも行きました。

写真を見たいのですが、

写真を見ると、呼吸が苦しくなるくらい、

こころが絞めつけられます。

本当に素晴らしい時間でした。

思い出す一つ一つの思い出が、

どれもきらきら輝いています。

語りきれないし、語ろうと思うと、

辛くなるのでこの辺で止めておきます。

とにかく、Boulderの街、

そして、そこで出会った人たち、

全てに感謝です。


ありがとうございました。




Yuta


関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。