RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『空気』という名を持つシューズ

2006.07.22 Sat
「空を走っているみたい。」


僕が小学校の頃に、「マックス狩り」

なんて言葉が生まれた。


ナイキのエアマックス95のイエロー、グレー、ブラックが

とんでもない人気が出たときに、それ欲しさに

それを履いている人を集団で襲い、無理やり盗む

というものだった。





自分は靴が好きだ。


「なんで?」と言われても、よく分からない。



中学生のときは、特にナイキの靴が好きだった。

「エア」というものが、僕にとっては衝撃的だった。


今までは、スーパーで980円で売っているような靴。

ソールを見ても、白色しかない。


しかし、「エア」は透明で中身が見える。

靴の中に空気が入っている。

それで衝撃を吸収するらしい。


そんなこと信じられなかった。


初めて買ってもらった時は、靴をずっと眺めて、

一緒に寝た。笑



次の日には学校に行って、自慢をしていた。


何回も何回も学校のステージの上から飛び降りては、

あの足の裏のジーンとする痛みがないことに感動していた。





そうして、出てきた「エアマックス95」



これもまた衝撃だった。


「なんだこのかっこよさは!?」





そんな自分も大学生になった。


そして、2006年。

また「空気」という名を持つシューズが発売された。



「エアマックス360」



今回は、自分が衝撃を受けた、側面のソールの

部分のエアが、なんと側面をグルッと囲っている。

まさに「360度」である。


中学校のころは、いかにエアの部分が多いかが、

判断基準だった。


そういう意味では、100点満点である。


自分にとっては「夢」シューズである。





今日それを買ってしまった。

なんだか心がワクワクしている。


思わず、部屋の中で履いて、そのまま外に走り出してしまった。


あの頃のステージから何回も飛び降りて、

感動していた頃を思い出した。




「空を走っているいる」ようだった。




久しぶりに童心に帰ってしまった。


今日も抱いて寝ようかな。笑



関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<明日の天気は…? | HOME | モスキート達>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/111-b9744bbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。