RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

平成維新

2006.12.29 Fri
「平成維新だバカヤロー!!」


僕の好きな窪塚洋介さんが出ていた映画での、

印象的な言葉である。


別に上手い表現でもないが、心に染み付いていた。






小学生の自分が、社会の時間にいつも思っていたことがある、

「歴史の教科書に名前を載せたい」

そんなこと、織田信長の辺りを見ながら思っていた。





少し前に、ある会社の社長さんに大学で講演をしていただいた。



「歴史は70年周期で動いている」





今から約70年前…



第2次世界大戦終了、いわゆる戦後だ。





さらに70年前…



明治維新だ。





歴史が大きく動いている。







「バブル絶頂の時代、活躍するのは、『管理者』だ。

今この変革の時代、活躍するのは、『若き改革者』だ。」




2010年、歴史が大きく動く。

というより、歴史を動かす。


もう教科書で見てた時代じゃない。

今、動かせる世代にいる。

リアルにいる。








「明治維新」


誰もが強力な、そして同じベクトルを持った

若き同志が集まった。





「戦後」


ボロボロの日本を、産業が変えた。

今も伝説の経営者になっている方々だ。





「ホリエモン、村上ファンド」


改革者の流れが出てきた。

メディアを通し、こうしてはダメだというのを

身をもって示してくれたんだと思う。









「すべては偶然ではなく必然である。」


歴史は、必然の積み重ねである。

歴史は残酷なほどに、強大である。







「平成維新」


何も、「今の古い体制ぶっ壊して革命起こしてやるよ!」

っていう感じではない。



「この世の中もっとよくしていこうよ。」


ただ、それだけである。





今の日本はとてもじゃないが好きにはなれない。


いじめ、自殺、政治家のスキャンダル、先生が…


若いのが言うのもなんだが、終わってる。




けど、正負の法則で言うと、今とんでもない「負」の状態。

ばねがすんげー縮んでいるように感じる。


それが爆発しそうだ。

「正」の方向へ。






けど、それを可能にするには、「一人」では

どうにもならない。


同じような志を持った、「同志」が必要だ。





今までも、いろんな人が歴史を動かそうと、

してきたと思う。



まずは、小さいところ、つまり地方から

正しい情報を発信していく。


本物が集まって、正しい情報を発信していく。



けど、あくまでも地方だし、日本全体から見たら、

まだ「個」である。




でもそういった先輩達の地道な確かな努力のおかげで

土壌が出来たと思う。


やっと植えたいものを植えれる土壌が。



先輩達が頑張ってくれたから、今の自分達の

「自由」がある。



本当に感謝である。








「つながる」ことと、「つなげる」こと。




先輩達のその気持ちは確かに「つながり」ました。




あとは自分達若いやつらが、「つながる」こと。








そんな思いを何年か前から持ち続け、全国を見渡してみると、

すんげー熱いやつらが揃っている気がする。


けど、まだ「個」でがんばってる。


それじゃ、気持ちを「つなげて」いない。

「繰り返して」いるだけ。






しかも、これは何も、「体育」に限ったことじゃない。

すべてが「つながら」ないと。






それぞれの業界が、「日本にいいこと」をしている。

でもそれは、「それぞれが考えた」いいこと。


だから、すんげー効率悪い。


違う業界が何年も前にした失敗を、今あっちの業界がしてる。

そんな状況。







本当は「業界」とかいう言葉もなくしたい。






「フラット」にしたい。











まだあと3年…




どこまでできるかわかんない。



「けど、なんとかしたい」

って気持ちは、心の中で日に日に熱くなっていく。




まずはそれぞれの「個」を磨く。

とっておきの必殺技を。



そしてまとまろう。

「日の丸チーム」として。








ついさっき…



携帯電話が鳴った。


電話線の向こうには、チームになるであろう男から。




雰囲気が出てきた。












もうあと3年…



「時が来たな」ってつながる日を信じて。

関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |
<<たまにはのんびり、ほっこりと | HOME | 無の境地>>

本当にあと3年、僕は僕なりに今までできなかったことに対して動いていきたいと思います。辛い道を大声で笑いながら歩きたいです。歴史は必ず繰り返します。
世の中の誰かが世の中を変えるんです。
それが僕かもしれないし、大友さんかもしれませんね。はたまた両方違うかもしれません。
でもワクワクしてしょうがないんです。
- | 陽 | URL | 2006.12.29(Fri) 15:44:13 | [EDIT] | top↑ |

ともに戦おう☆

今ならその「平成維新」に僕らも参加できると思うなぁ~
中京のメンバーで維新の一つをつくっていこうぜっ!!
- | 野口 | URL | 2006.12.29(Fri) 20:16:13 | [EDIT] | top↑ |

陽さん

歴史は繰り返しますね。いいことも悪いことも全部繰り返します。もうちょっと勉強しないとね。

野口さん

中京からいい情報を発信しましょう。根本にあることは、ただ一つ、「みんなが喜ぶことを」ですよね。がんばりましょう!
- | 大友勇太 | URL | 2006.12.31(Sun) 00:30:23 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/135-c3a91ede

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。