RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

その他の男

2007.01.25 Thu
なんとなくコンビニで字を見たいと思ったので、

雑誌コーナーへと急いで向かった。


なんか無性に頭に情報を入れたくなることないだろうか?

なんか「字を無性に見たい!」ってなるとき。


「クオリア」だ。




最近、着る服変えたので、見る本も買えようと思って、

「LEON」なんて読もうかと思った。


僕のこと知ってる人は笑わないで下さい。


けどなかった。

お前には似合わないよってお告げだろうか。








仕方なしに他の雑誌の手に取った。

そしたら、その裏から黄色い雑誌が出てきた。


「BRUTUS」だ。


この本はなぜか好きで、自分の気に入った特集の時だけ、

買うようにしている。





今回のタイトルは…


『脳科学者ならこう言うね!』




「アハ!体験」でおなじみの、脳科学者、

茂木健一郎さんの特集だった。


以前から知り合いに、この人はやばいと教えてもらって

いたが、読もう読もうと思っても、タイミングが合わなかった。


そして、あえて別の雑誌の裏からの登場なんていう、

粋な出会いに即買をしてしまった。


読んでみたら、興奮せずにはいられなかった。

気づいたら、時間も忘れて4色ペン片手にしていた。

このワクワク感は、「クオリア」だろうか。





しかし、解読にかなりの時間を要した。

プロなだけあって、使う言葉が難しいといえば

それまでになってしまうが、もう一歩踏み込んで言うと、

経験のレベルが自分のレベルより上で、その実感を

物質化する言葉が、自分の内側には入ってこない。


さらにオーラの泉風に言えば、魂レベルが上だった。





でも、なんとか解読できたら、なんとなく繰り返されてた

出来事が、言葉で定義できて、いつでも着たい服

着れるようにワザ化できた。


要は、意識して行動を起こすことで、経験が生まれ、

その経験は普遍的なもので、いわばそれはメッセージで、

それがある日、言葉によって自分の内側に入ってきて、

そしてそれが定着する。





例えば、何度も何度も、急いで近道をしようとして

失敗する人がいた。


段階を踏まないから失敗をする。失敗はメッセージだ。

しかし、それに気づけない。


ある日、その人は急いではいたが、別の安全な道を遠回りして

行くことに決めた。


うまくいったのだ。


そして、その人は思った、「急がば回れ」と。





この人に、何も経験することなしに、いきなりこの言葉を

教えたとしても響いてはこないだろう。


「急いでいても、遠回りでも安全な道の方がいい」という

実感があるから、初めて「急がば回れ」が身にしみる。




「行動」がキーである。

それなしでは何も生まれない。


そして「経験」して、「気づいて」、「実感」になる。





本当は本の内容のことを書きたかったが、もし興味が

ある方がいらっしゃれば、読んで実感してもらった

方がいいと思う。






茂木健一郎。



人は彼を、「脳科学界の異端児」とも、「文化人類学者」とも、

「NHKに出てる人」、「アハ!の人」とも呼ぶ。



しかし、彼は自分のことをこう読んでもらいたいと言う、


「その他の人」と。




自分もそんな「その他の人」になりたいかもと思うのであった。





関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |
<<みんなサーファー | HOME | わたしはあなた、あなたはわたし>>

頭と心にバリアフリーを。僕は本を読んでて、「むむむ…」と思う瞬間は大事にしてます。どうしても知りたくなりますよね。それと同時に大事にしてることもあります。予備知識なしでも頭と身体に落とし込むように、しみ込むように入れられるかです。
その為には子ども時代によく使ったあの必殺技、「バリア」を使わないことです。
対人間でもそうありたいと心から思う毎日です。僕が鬼だったら、「バリア」を使った友達はタッチができないですからね。
- | 陽 | URL | 2007.01.26(Fri) 18:16:32 | [EDIT] | top↑ |

偶然です。
茂木さんの「すべては脳からはじまる」を読んでたところでした。
おもしろいね。あんなに違った角度から物事を捉えることができると、人生がもっとおもしろくなりそうです。
- | p-fit | URL | 2007.01.29(Mon) 07:46:18 | [EDIT] | top↑ |

陽さん

僕の中では、「むむむ…」っていうのは、「引っかかる」って感覚です。何も覚えようと思わなくても、なぜ気になって覚えてるんですよね。それが実感をすることで、自分の内側に入ってきます。


p-fitさん

それはすごいです。なにかしらつながっているんですね(笑)
茂木さんは、本当に似ている部分が多々あります。すごく実感が言葉として内側に入ってきます。こんな人初めてです。子どもの頃の経験も、実はかなり似ているんですよ。
- | 大友勇太 | URL | 2007.01.31(Wed) 03:27:27 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/144-304e0e66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。