RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「専門家」ですけど何か?

2007.02.16 Fri
「私は、○○の専門家です。」


って言っている人を見ると、正直な話、


「私は、○○しか知りません。」


っていっている風にしか聞こえなかったりする。




「専門家」って危うさを含んでますね。


「専門家」って聞くと安心してしまいますよね。




「全ては一つ」って幹があるのに、


「専門」って葉っぱの部分に深く進んでしまう。


どんどん細かく細かく…




個人的な意見を言いますと、


「私は、○○の専門家です。」


っていうより、


「私は、○○が得意です。」


って方が好きです。




そっちの方が「広がり」を感じませんか?


「ゆとり」というか、「懐」というか。




のんびりゆったりいきましょう♪



関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |
<<「無音」という音 | HOME | 日本語学校>>

単純化と細分化

僕の好きな言葉です。
スポーツの世界に例えると、上手くなりたい、強くなりたいっていう単純化があるからこそ、次は技術面や体力面を細分化した上でトレーニングを精神的にもいい状態で行えます。そうやってドンドン前へ進んで行けると思うんです。
それが変に細分化からスタートすると、うまく波に乗れない気がします。

上手くなりたいです。
- | 陽 | URL | 2007.02.21(Wed) 05:51:17 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/159-a3ae2d7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。