RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

真実の海へ

2007.07.28 Sat
僕は、その人に対して、正しいと思ったことしか言わない。


見たまんまの真実を言う。


それは、時に、その人を傷つける刃にもなり、

時に、背中を押す風にもなる。


「だって、それしかないんだもん。」


「そりゃわかるけど、もっと言い方ってあるじゃん。」


「だって、そうじゃん。」


「もっと人の気持ち考えてよ。」


「考えて言ったよ。」


「まあまあ、別にどっちでもいいじゃん。

 最後に全て決めるのは、本人だしね。」





僕は回りくどい言い方は、そんなに得意じゃない。


自分、不器用なので。





世の中面白いものである。



正しいことも、ずっと言われ続ければ、鬱陶しくなったりもする。


ウソも、ずっと言われ続ければ、本当っぽく聞こえるときもある。


間違ったことも、時間が経てば、忘れてしまうかもしれない。


楽しいことも、何回もやると、飽きる人もいる。


悲しいことも、度を越すと、笑えてくる場面もある。


美人は三日で飽き、ブスは三日で慣れるという話もある。





どんだけ、正しいと思うこと話しても、

お客様は聞いてはくれない。


「言ってることはわかるんだけど…」





「真実」は、その人の中にある。


「私」が決める。


「私」が決めた、「私」の数だけの「真実」が、

「みんな」の「真実」を創り、

それがまた、「私」の「真実」を決めていく…





じゃあ、「本当」の「真実」とは?





それはカタチがなく、色もなく、

みんなのなかにそっと、そして、

なんとなく「ある」。


多分、言葉にしちゃいけない。


した途端に、ひゅるりと残像を残して逃げる。


トトロの黒いのみたいに。


縛られたくはないんだろう。





そして、この世は、「往復運動」、つまり「波」である。


あっちにきたり、こっちにいったり。


あまり動かず、中庸な人もいる。


いつも「真実」を教えてくれる人もいる。


「現実」を語ってくれる人もいる。


いろんな人がいて、互いに調和しあって、

絶妙なバランスを取っている。





「正しい」ことだけやってもいい、

周りが「ウソ」であるのなら。


「ウソ」だけ言う事も、「正しい」時もある。


自分の中で、「正しい」、「ウソ」

両方言うときもある。










「正しいものが、いつも正しいとは限らない」


それは、「私」と、それ以外の「世界」の関係性で決まる。



「自分の役割とは?」


この「永い旅」で探すとしましょう。





それではまた。






関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<技について | HOME | そっとそのまま>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/254-c46d9b8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。