RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

旅日記(その壱) ~懐かしいあの想ひ~

2006.04.28 Fri
「すいません、年齢の確認できるものを見せてください…」


昨日メールで、「ビーチバレー」というものを

観に行かないかと誘われた。

ちょっと興味があったし、ジャンクスポーツに出てくる

「浅尾美和」さんがくるらしい。


「浅尾美和」さんといえば、ビーチバレー界のアイドル。

モデルもこなす噂の美人アスリートです。


「行きたい!」

もちろん、邪な理由ではない。

今年は「いろいろなスポーツを観て、どんな動きにも

共通する大切な本質を見極める」という目標があったので

そのためだった。


と、言いながらもちゃっかりデジカメはバッグにスタンバイ。笑


珍しく早起きをして、友達の車で海までGo!!

けど、海に向かうにしては「なにか足りない」と感じた。

「サングラスだ!!」

完璧にミーハーである。


何軒かコンビニにより、スポーツショップに寄ったが

お気に入りは見つからなかった。

サングラスはあきらめて、海へと急いだ。


それにしても今日は天気がいい。

今年最高の気温だと思う。

まさに海日和。

「神様ありがとう。」


テンションもありえないくらいに上がってきた。

砂浜が見えてきた。

以外に人は少なめ。

「神様またありがとう。」


席なんてどこに座っていいかわからない。

「ここに座っちゃえ!」

にしては、なんか関係者っぽい人が周りにいる。

「もしかして関係者席?」

「けど、気にしない!」


ようやくビーチバレーを観た。

目の前には、ビキニを着た背の高い女性たちが

飛んだり、走ったりしている。


「なんなんだこれは!?」


ずっと、汗臭い、泥臭い野球に親しんできた

自分にとっては、目の前で繰り広げられている

景色がいまだに信じられずにいた。


「ちょっと男子観てくるわ。」

と、言い残し席を立った。


別に、いけないもの観ているわけではない。

S&Cコーチを目指すものとして、「動きの追求」に来た。


なのに、感じるこの後ろめたさ…


「この感覚どこかで…」


大学1年生の時、自分は18歳になり、1人暮らしを始めた。

男なら誰でもわかると思うが、あることが可能になる。


「ビデオを気にせずにレンタルできる」


高校のときは、明らかに坊主なので、野球部の「高校生」

とばれてしまうので、借りられなかった。


借りたとしても、自分の家は9人家族なので

それは、かなり「ミッション・インポッシブル」である。

あの中で任務を遂行するのは、「キ○ヌ・リーブス」

でも難しいと思うほどである。


念願が叶い、いざ自分の手元にそれがやってくると

少し複雑な感情が出てきた。


「なんかうしろめたい…」


年齢も超えてるし、別に悪いことじゃない。

けど、人の視線が気になるし、なんか後ろめたい…


まさか、海に来てその間隔になるとは…

懐かしいあの想ひ…


とまぁ、そんな風に思うものの、「人は『慣れる』動物」

すぐに気にならなくなった。


日が少し傾きかけた時に、会場の空気が変わった。

「浅尾美和」の登場である。

急にギャラリーも増えた。

なんか言っちゃ悪いけど、「ビーチバレー観に来てねーだろ」

(僕も最初はその1人ですが…)って思う人が、すごい勢いで

写真を取っていた。


ビーチバレーは発展途上のスポーツである。

もっともっとお客が来てほしい。


そこに浅尾美和の登場。

関係者は「待ってました!」だと思う。


だから、浅尾美和には、それじゃ思い切ってプレーできないだろ

みたいなビキニを「着させている」


確かに、最初は「水着美女」目的のお客も来ると思う。

けど、そんな客は「スポーツ」を知らない。

そういうスポーツは発展はしないと思う。


「サッカー」があれだけの、人気を得ているのは

ルールなどが分かりやすく、客なのにすごく「サッカー」を

知っているからだと思う。


逆に「野球」はルールが分かりにくく、「野球」をそこまで

知っているお客さんは多くないと思う。


「ビーチバレー」が「スポーツ」として発展してくれる

ことを選手は望んでいると思うし、「きっかけ」

はつかんだと思うので、これからが楽しみだ。


※今日は女性の中では「アホじゃない?」と思う人がいたと思います。
 今日はブログってことで、部分を強調した書き方をしました。
 けど、ちゃんと「ビーチバレー」は観てきましたんで見逃してください。
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<旅日記(その弐) ~またぁ?~ | HOME | ゴールデンにするもしないも自分次第>>

ひくどころか大爆笑。(笑)インポッシブルなミッションだからこそ任務を遂行したくなるのが男の性(さが)なんですけどね。(笑)そしてそんな記事を書いて自分をアウェイの立場に持っていっているのも挑戦的で良いです。(笑)

発展途上のスポーツたくさんありますよね。でも意外とそういうのがおもしろかったりするんです。
私はビーチバレーとても好きだし、分かりにくいルールのラグビーとかもはまってます。
世界での実力が上がってくれば当然ファンも増えるだろうし、もっと前向きなプロデュースの仕方
をすれば、「スポーツとして」見てくれるファンが増えていくんでしょうね。

時折、美しい顔とぶあつい体を探し回りながら観戦してる自分に
後ろめたさを感じながらのコメントですが…。(笑)
zrvSuWY. | p-fit | URL | 2006.05.10(Wed) 04:12:13 | [EDIT] | top↑ |

さすがコメント早いですね~。びっくりしました。

全員に分かってもらえなくても、「あ~、それわかる!」って思ってくれる人が1人でもいてくれたらなって思いで書いたのですが、まさか女性からコメントが来るとは(笑)

発展途上という意味では「アルティメット」なんかは、彼女が選手で、友達もたくさんいるということでよく観戦しに行きます。
僕なんかはもうできあがっちゃっている「野球」なので、うらやましく感じるところもあったりします。(自分達で歴史を作っていっているところとか)

コメントありがとうございました。これからもマニアックな感じでがんばっていきます!!
- | 大友 勇太 | URL | 2006.05.11(Thu) 08:15:08 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/26-b22033ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。