RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

女性の中に生きる

2007.10.01 Mon
昔から僕は女性に囲まれていた気がする。


そんなこと言うと、また好感度が下がりそう。笑


人生のターニングポイントと


呼ばれるところがあるとしたら、


そこにはほとんど女性が登場する。


ここで、好感度のためにも注釈を入れさせていただくが、


なにも彼女とか、好きな人がとかの話ではない。


ただそれが女性だったというだけの話。





小さい頃、気づくと女性が周りにいた。


そんな記憶がある。


そんなにCMに起用されるような


かわいい子どもではなかったのだが、


様々な女性にかわいがっていただいた。


そんな記憶がある。



物心ついてからは、女友達の方が何かと話しやすかった。


そりゃ、遊ぶのいつも男だし、


部活もずっと野球なので男ばかりなのだが、


なんか女性といると、落ち着くし、


肩の力も抜けた。



大学に入ると、体育学部というわけで、


思いっきり体育会系なわけだが、


正直、男の体育会系のノリにはついていけない。


だから、アメフトとかのS&Cは向いてないと思う。



それに、全国を歩き回ったせいか、


かわいがってもらえるお姉さまが、


何人かいらっしゃる。


いろいろと世話を焼いてくださるのだ。


本当にうれしいことだ。



今の仕事場では女性だらけになることもあるが、


別に僕は気にしない。


A-Yogaの時なんて、20人くらいの女性の中に


僕がポツンと。


逆に男性だらけだと、ピリピリしてて、


大雑把すぎてなんか落ち着かない。



お客様も、女性の方とよくお話しする。


男性には正直どう声をかけたらいいのかわからない。


「どうやったら女性とそんなに仲良く話せるんですか?


 そのテクニック教えてください。」


なんて、バイト先で言われたけど、


「よくわかんない。」


それが答えだ。





僕は女性が好きだ。



確実に御幣はあると思うが、


女性が好きで、それなしでは生きていけない。





仕事も女性に関わる仕事ができたらいいなと思う。



僕が女性に感じるのは、


場を感じる力、


美しさへの、自分への興味、


女性としての強さ、


そして繊細さ、感受性の豊かさ、


である。



そんなのに関われたら幸せだ。





福島大の川本監督、


NECレッドロケッツの岩崎トレーナーなど、


女性のチームでずっとご指導されている方


がいらっしゃる。


女性のチームにはまる方がいらっしゃる。



そんなカテゴリに属するんじゃないのかな


なんて、最近何気なく思った。





「 この先どうなるかなんてわかんないけど、


  なんとなくうまくいきそうな気はしてる。


 
  体育会系のノリにはついていけそうにないけど、
 

  なでしこさんとは仲良くできそう。



  ちょっとそんな気はしてる。 」



関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<黒人の中に生きる | HOME | またまたまだまだ、まだまだたまたま… ふぅ~。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/279-3840182b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。