RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

黒人の中に生きる

2007.10.01 Mon
かぶせてきました。


「生きる」シリーズ第二段。



僕は黒人が好きです。


なんとなく昔から憧れてます。


なんでそんなこと思うのかと考えていたら、


今日の女子サッカーのワールドカップ見てて


気づきました。


「才能」に憧れているのだと。


今日のブラジル対ドイツはおもしろかった。


あそこまではっきり比較できると面白い。


まるで違う。


男子対女子みたい感じ。


あそこまで黒人と白人で違うのだと感じた。


試合はドイツが勝ちましたが、、、





ちなみに、僕は女性と男性は平等ではないと思うし、


黒人と白人も平等ではないと思う。



教科書的に、「みんな平等です」


なんて覚えてもしゃあない。



重要なのは、「違いを認める」ということ。



違いを無視して、何も理解もせずに、


おりこうさんが、「平等、平等」っていうと


あまりいい気がしない。



高校生の「愛」とか、「世界平和」ぐらい


気分が悪い。



正直違う。


男も女も、黒人も白人も。


子どもは男性は産めないし、100メートルは黒人が速い。



でも、男性は力があるし、白人は投擲が強い。



要は、得手不得手があるということ。


だから、違いは認めて、


「俺、そっちは苦手だから頼む。


 その代わりこっちは得意だから任しておいて。」


これでいいと思う。



教科書的に、目を反らして、まともに見ようともせず、


「平等」、「平和」、「愛」なんて言っても、


響いてはこない。





というか、かなり話変わりましたね。笑


すいません。



黒人には黒人の得意なことがある。


その得意なことに僕は憧れがある。


だから黒人に憧れている。



ちなみに、それは「音楽」です。





将来、アメリカで仕事をしたい。



でもそれは、才能ある黒人と


いっしょに仕事したいということでもあるのかな。



いつか必ず仕事するんだろうな。


黒人の中に、小さい日本人がポツリと。



考えただけでワクワクする。





それまでに、もうちょっと踊れるようにしておかないと。


誰かダンスを教えてくださる人いらっしゃいませんか?笑


関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「あのさあ、あいつを修行してやりにあいつんち行っていっしょに暮らしてくる」 | HOME | 女性の中に生きる>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/280-8e2c993a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。