RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

正しさについて

2008.01.30 Wed
正しい。


なんでしょうね?


何か相手がいて、基準があるから、

それが出てくるのでしょうか。


「ピッチャーの正しいフォーム」


なんでしょうね?


どんなでしょう?


一度拝見してみたいものです。


勝てる人のフォームが正しいですか?


それは、勝ち負けが基準になったときですね。


何かを基準にするということは、


何かを基準にしないということにもなります。


何かに背を向けちゃいます。


何かから眼をそらしちゃいます。


何かを無視します。


整形外科学的に正しいフォーム?


怪我しないのが正しいフォーム?


ここでは怪我が基準ですね。


球が速けりゃ正しいフォーム?


これは球速です。


何かを基準にしたときに、


何もなかった世界に壁を作ります。


投げるでみたら、だいたいみんな同じです。


そこに、勝ち負けを持ち込んだ瞬間に、


さっきの人たちが分けられます。


そもそも「投げる」と言った瞬間に


分けられます。


言葉は何もないとこを分けます。


切るわけですね。


養老さんが言ってました、


「食道も、胃も、腸もただの管だ。


 食道と呼ぶから、食道になる。」


言葉は解剖ですね。


時にそれは残酷です。


言葉は怖いですよね。


暴力的な面もあります。


あれれ、いつのまにか話がそれました。


基準をその人自身にすると、


どうなるでしょうか?


そりゃなんでも正しいわけです。


何を基準にしているのか自覚した上で、


正しさを語るのならいいけれど、


わからないで話されると、


困ってしまうことがある。


そんなあなたから見たら、


僕は正しくない人間なわけで…


何を基準にしているのか?


または、どんな文脈の中に乗っているのか?


自覚的ならいくらでもどうぞ。


「何が正しいのかわからなくなってしまったわ!」


まったくその通りですね。


何でも正しいんです。(いや、全て正しくないのかも)


昼ドラの彼女に、納得してしまった午前2時なのでした。






関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<信頼について | HOME | 一番になりたいと思った。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/297-e602db96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。