RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

それぞれの文法、そして

2008.03.28 Fri
人それぞれ、それぞれの文法を持っている。


その文法で世界を見つめている。


そして解釈している。




僕は、社会に出てから、いろんな文法の人たちと


出会ってきた。


大学の頃は、自分の文法で話しても、


みんな受け入れてくれた。


でも、社会の多くの人は、職種や肩書きなどに、


期待する文法があるみたいだ。


どうやら僕はそういうのにはまらない


文法を使うみたいだ。


だから、変なやつと思われる。




先日、爆笑問題の太田さんが、


京大の教授たちと議論する番組を観た。


太田さんの文法は、


なんとなく自分がやりたい文法に近い気がする。




普遍的な法則も持っている。


しかし、それは何も難しいものではなく、


何気ない日常の中にこそある。


普遍と日常は違うものなんかじゃない。


一見反対方向にありそうだけど、


同時に存在してしまう。


けど、そんな普遍的な法則も、


当分の間はそれでうまくいくけど、


ずっと先まではわからない。


そんな潔さがある。




教授は普遍を語る。


けど、一般の人から見ると、日常離れしてて


よくわからない。


宇宙のこと語られてもよくわかんない。


けど、教授は一般のことはわからない。


お互いの文法だけで話すから、


会話が成り立たない。




そうじゃないよ。


日常の中に宇宙はある。


そしたら、お互いが会話できる。


けど、多少そのお互いの文法を


翻訳してくれる人は必要みたい。


それが太田さんに思えた。


宇宙を語る教授に、恋愛で宇宙を語る太田さん。




文法の幅が狭い人が多い気がする。


それぞれの狭い文法で世界を見ても、


それぞれの幸せで終わっちまって、


なんも共有するものがない。




同じ世界を見ているのに。


なんだかそれも寂しいものだ。




共有を深めてこそ、


より個が浮き出てくる。




「違い」と「同じ」は同時に存在する。




関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<バランスは取れている。 | HOME | 自分なんて>>

普遍文法の発見を目指す

宇宙人ともひとつに共有できる普遍文法の発見を目指しています。
  一般法則論
 http://blog.goo.ne.jp/i-will-get-you/
.PKXlONI | 一般法則論者 | URL | 2008.03.27(Thu) 11:25:07 | [EDIT] | top↑ |

一般法則論者さん

コメントありがとうございます。

ひとつであるということはたくさんであるかもしれないですね。たくさんであるということはひとつかもしれないし。

僕もがんばります。
- | 大友 勇太 | URL | 2008.03.28(Fri) 08:48:06 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/309-b23c5d9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。