RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

その先に

2008.05.02 Fri
患者さんが多い。


要求も多い。


次から次へと、今日も明日も患者さんがやってくる。


こんなにもケガをしている人が多いものか。


どうにかしたい。


治してあげたい。


今は、そんな想いしかない。



余裕があったらなんでもできる。



いわゆる治療っぽいこともできる。


治そうと思って、治療っぽいことをして、


なんかよくなった気がしますって言われて、


どういたしましてって言って。


余裕があったら。


でも、次から次へと患者さんが来ると、


なんとかがんばって、


がんばって、


もういいやって思いそうになっても


がんばって、


言っちゃいけないようなことも言いそうになって、


それでもがんばると、


その先に不思議な感覚が芽生えそうになる。


力みが消えそうになる。


治してあげたいなんてどっかにいってしまう。



余裕があるとなんでもできる。


患者さん一人一人と、しっかり話すことができるから。


それで、そういう風な状況に持ち込むことはできる。


それはそれでいいと思う。



でも、あえて次から次へとやってくる状況で


なんとかがんばって耐え抜くと、


その先に不思議な感覚が芽生えそうになる。





小栗旬のDVDが発売されるらしい。


情熱大陸に出演した時のDVDだ。


彼はずっと働き続けた。


どんな仕事も、依頼がきた仕事は断らなかった。


ただただやり続けた。


途中、信念をまげそうになることもあった。


けど、続けた。


過労で倒れそうにもなった。


周りの人を恨むようにもなった。


続けた。


それは自分が望んだ状況だから。


そして限界のその先に、


何かが見えてきた。





僕もそうだとは言わない。


彼の状況に比べれば、まだやれる部分はある。


今は、今を精一杯生き切るしかない。




関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<手紙 | HOME | 心地がいい>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/316-fa3056d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。