RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

手紙

2008.05.25 Sun
みんな元気ですか?

僕は神戸で元気に働いています。


学生がちょうどテスト期間なので、ゆったりと仕事できています。

ちょっと気持ちも落ち着いてきています。


ゴールデンウィーク前から、ここはお昼時の飲食店かと思うほど

混雑した中でリハビリをしてもらっていました。

患者さんには申し訳ないなと思います。


場所は狭いし、人は多いし、スタッフが忙しいから

あんまりしっかり指導してくれいないし…


けど、それはどうしようもないことで、

その狭間でうーーーってなっていました。


時間がもっとあったら、

場所がもっと広かったら、

スタッフがもっといたら…


環境のせいにしてはいけないから、

なんとか頑張るんだけど、

けど全然できていないことだらけで…






そうそう、ゴールデンウィークはみんなは何をしていましたか?


仕事でしたか?

普段の疲れを癒すため、寝だめでしたか?

旅行?



僕は、山陰を巡る旅に出ていました。



なんとなく、パワーがあるとこに行きたくて、

なんとなく山陰を選びました。


なかなか自分にない感覚の場所でしたね。

投入堂って場所に行ったり、

出雲大社に行ったり、

隠岐の島巡りをしていました。


やっぱ旅はいいですね。


そして森がすばらしい。

山の人間だと再認識しました。


特に、隠岐の島に乳房杉って杉があるんですが、

なんとも言えないオーラを放っていました。


それと、山陰は神々が宿る場所。

なんか違う感じでしたね。

実際目には見えないんだけど、そこにいそうな感じでした。


出雲大社なんかは、今までちょこっとばかり

寺院を見てきたけれども、

初めて「畏怖」を感じました。


なんだかレベルが違いすぎて、

スカウターがパンってなっちゃうような感じでした。



旅して帰ってきてからわかったんですけど、

今、そういうとこ「パワースポット」って言うみたいですね。

流行を先取りしちゃいました。笑



そんなことする以外は、普通の生活しています。








突然ですが、

なんで、ブログが書けていなかったのかというと、

忙しかったからではありません。

書こうと思えば書けました。


でも、最近「価値観の多様さ」をテーマに生きているんですが、

要は、「その人は何を大事と思うか?」ということ。


あまりにもいろんな人がいるから、

単純に前みたいには書けませんでした。




大学は、強制ってのがないから、

自分の得意な場所で、得意な時間で、得意な相手に、

得意なことが、いくらでもできます。


だから、この世界をどう見立てて生きていくかってときに、

その世界を自分で限定できるから、

見たいものだけを見て、それを世界だとして、

法則を立てれたのだと思います。


そして、この法則が普遍の法則だ、と。



けど、社会って場所で、仕事ってモノをすると、

見たくないものまで見せられるんですね。

しかも、不得意なこともさせられる。


でも、それがよかった。



単純に法則では語れないのが今の世界。

そりゃ、一つの法則で語れちゃったら楽だけれど、

そんな風には言えない。



今、みんな「環境問題」に気持ちが向いている。


けど、単純に温度下げればいいのか?

それで世界が語れるか?



でも、世界を法則で見ようと思うと、

法則には条件が必要であり、

条件があるということは分けられるということ、

ということは、当てはまらない人もいる、

見捨てられる人がいる、

見ないことにしようって、

存在しないことになってしまう人がいるってこと。


けど、その人にも愛している人はいて、

その人を愛している人もいて、

歩んできた、そして歩んでいく人生がある。



僕は簡単には見捨てれない。




環境問題って法則でみんな動いている。


けど、温度を下げたら、カキ氷屋のお店の人はハッピーか?

エアコン業者はハッピーか?


必ず泣いている人がいる。


この世界は、絶えず誰かが得をして、誰かが損をしている。

それがいろんな度合いで、移り変わっていく。


ミスチルは言うけれど、なんてことない日々の単純作業が、

目の前の人の笑顔を作るときもある。


誰かが笑っている後ろ側では、誰かが泣いている。


僕は、完全主義だから見捨てたくない。

全てを見たい。




話が行ったり来たりしたが、前はガンガン語れた。

大学という条件の設定された実験室で、

これが心理だ、と。


でも、今は簡単には語れない。

語らないわけではないが、そんな簡単じゃない。



世の中にはいろんな人がいる。

僕はまだ日本ですらあまり知らない。

今まで60億の内の何人に出会ったんだろうか?


そして、そのそれぞれに人生がある。

それぞれの人生をもって、みんな日々すれ違っている。


簡単に見ようと思えば見える。

けど、見ようということは、見えないところは見ないということ。

背中には目はない。





今は、法則なんていらない。

その一瞬、一瞬の現実を生きていく。

その患者さんと対面させてもらう。


どんな価値観の人とでも、深くつながりたい。

今はそう思っている。







最後に、中田英寿さんが本に書いていたことを…


(「中田英寿にとっての環境問題とは?」と質問されて)

『いわゆる温暖化や緑化といったことだけでなく、

 平和、貧困といった自分たちを取り巻く環境のすべて。
 
 貧困があるから、植物の乱伐も起きるし、紛争が起こる。

 すべての問題は複雑につながっているような気がします。

 しかも価値観はひとつではないから、そこに難しさを感じています。

 ある国にとって正しいことでも、別な国では不利益を生み出す。

 町と町、村と村、そして隣同士で暮らしている人と人でも、

 その価値観を異なる。

 万人にとっての正解がないのが環境問題だと思っています。』

  ~BRUTUS 640 2008/6/1~




前半と、がらりと雰囲気変わってすいません。

みんなは何を大事に思っていますか?



ではまた。


                                 大友 勇太
                                  




関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<こんな時代だからこそ | HOME | その先に>>

ひさしぶり。
5月末から東京に行きます。
もし東京に立ち寄る事があれば酒でも飲もうな。
ほんじゃ、また。
- | tom | URL | 2008.05.25(Sun) 04:53:54 | [EDIT] | top↑ |

tomへ

突然だな。今度タイミング合ったら飲もうな。まだ当分は神戸にいるんで。
- | 大友 勇太 | URL | 2008.05.27(Tue) 10:20:16 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/317-14532540

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。