RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

あなたミクロン、ぼくマクロン。

2008.10.01 Wed
僕はなかなか細々と見ることができない。

その時に、その場所で何が起こっているよりかも、

全体として見た時に、どう写っているのかを気にする。



A型なので一応、細かいところは細かい。

別に他の人がいいじゃんってとこには、とことんこだわったりする。

そんでこだわりすぎてたまに迷宮に入る。

そんな自分もいる。



でも、基本的には全体としていい流れなら

そんなに気にしない。

多少何がおきても大丈夫。



しかし、さすがにここを外すと流れが変わる

ってとこは本能的にわかっている。

やるときはやってきたつもり。

決める時は決めてきたつもり。

あくまで自分では。



一球一球の配球なんて考えられない。

キャッチャーはすごいと思う。

でも、ここだというときの嗅覚はあるよ。

そう思ってる。





動き見るときにも、そんなに細かいところは

気にしない。

というかできない。



それよりも全体として、

いい感じなのか?悪い感じなのか?

それはわかる。



だから僕は全体を見て、

そこだけはというところだけ誘導する。

それで大体うまくいくことが多かった気がする。





今日は勉強会があった。

勉強会は解剖学が頭に入っていないと

全然わからない。

めっちゃマニアックなところまでやる。

メディカルの人たちにはそれが普通なのかもしれいけど、

僕には細々していてよくわからない。

だからすごいと思う。



わからないけど、僕はこの人達と会話がしてみたい。

新しい感覚が見えてくるかもしれない。

そのためにはお勉強。





マクロだけでもダメだし、ミクロだけでもダメ。

お互いが拮抗して、バランスが取れる。



片方だけじゃ崩れちまう。

中心くらいで揺らいでしまおう。

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『清原』という男。 | HOME | 僕とお医者さん>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/344-147f9d4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。