RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『清原』という男。

2008.10.02 Thu
昨日、清原選手が引退された。

僕はクリニックの人と、試合後の特別番組を観た。

泣いた。

最近涙もろいのだが、また泣いた。

さみしい。

でも、本当にありがとう。

昨日の球場にいた人、全て清原ファンだろう。

王監督ですらそうなのかもしれない。

いや、昨日は日本人全員が清原ファンだったのかもしれない。

本当にすばらしい日だった。

Right place, right time.

全てがそこに揃った。

あの人は全ての人を惹きつける。

全打席がショーだった。

清原のための試合。

みんなにそろえてももらった舞台で

清々しいスイング。

三振。

全て絵になる。

こんな選手いるのか?

これから出てくるのか?

男村田?

残念だけど、ない。

普段のペナントにしても、北京にしても器じゃない。

器じゃないのに、そこにいてしまう人が多すぎる今、

器だと思える人は本当に少ない。

絵にならない。

惹きつけられない。

ポップであり、普遍な清原。

男清原。

すげーぜ。

いろいろあるけど、本当にダメな人なら、

こんな試合メディアが煽って、

そんでグダグダで終わる。

でも違った。

みんな揃う。

王監督、秋山、イチロー、金本、長渕…

そんな人いるか?

そんであのスイング。

あーあってみんな言わない三振。

千両役者だ。

最後のボールは清原から杉内へ。

「杉内へ 最高の球をありがとう 清原和博」

泣けるなー。

男だなー。

僕の子どもの頃からの野球人生。

落合が最初のファンだった。

そして、清原が好きにって、

今は、イチローに。

パワプロでどんだけ能力が低く設定されるようになっても

僕の4番はずっと清原だった。

こんな男になりたい。




日本の4番 世界の4番 清原和博

本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。


            清原ファン 大友勇太
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<実はすぐには生らない | HOME | あなたミクロン、ぼくマクロン。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/345-690c6466

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。