RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

実はすぐには生らない

2008.10.05 Sun
季節ももう秋である。

実りの秋とも言われる。

様々な作物は、秋に実をつけ、収穫される。


最近、ちょっとずつ実りが出てきたのではないかと感じる。

すごくいい出来事がいろいろと起こる。

芋づる式にぞろぞろと。

こういう時期ってのは、ぷよぷよみたいに連鎖していくもんですね。


なぜ続くかといったら、

収穫を信じて、決して諦めなかったからだと思う。


全然、前みたいに人様に見てもらえるような

ブログも書けなくなったけど、

ブサイクな文章だけど書き続けた。


雨降り日も、かんかん照りの日も、

嵐の日も、寒い日も、

投げ出しちゃいそうなのを

なんとか耐え忍んできた。


そうやって、畑を耕し、たねをまき、

水をやって、栄養を与えてきた。


だから今、少しずつその実が生ってきたんだと思う。


もし、もう嫌になって、その手を止めていたら

今はなかった。


決して表には、変化として出てこない準備を

怠らなかったから、収穫で差が出てくる。





そんなこと考えるきっかけになったドラマがあった。

「夢をかなえるゾウ」である。


本で爆発的な人気を得て、ドラマ化になったのだが、

このドラマは、主人公が夢をかなえるために、

ガネーシャというゾウの姿をした神様に与えられる

数々の課題をクリアしていく物語である。


その課題というのが、


1.  靴をみがく 

2.  コンビニでお釣りを募金する

3.  食事を腹八分におさえる 

4.  人が欲しがっているものを先取りする 

5.  会った人を笑わせる 

6.  トイレ掃除をする

7.  まっすぐ帰宅する

8.  その日頑張れた自分をホメる

9.  一日何かをやめてみる

10.  決めたことを続けるための環境を作る

11.  毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

12.  自分が一番得意なことを人に聞く

13.  自分の苦手なことを人に聞く

14.  夢を楽しく想像する

15.  運が良いと口に出して言う

16.  ただでもらう

17.  明日の準備をする

18.  身近にいる一番大事な人を喜ばせる

19.  誰か一人のいいところを見つけてホメる 

20.  人の長所を盗む

21.  求人情報誌を見る

22.  お参りに行く

23.  人気店に入り、人気の理由を観察する

24.  プレゼントをして驚かせる

25.  やらずに後悔していることを今日から始める

26.  サービスとして夢を語る 

27.  人の成功をサポートする

28.  応募する

29.  毎日、感謝する 


と、こんな感じです。


「どういうこと?」って思うものも少なくないと思います。


でも、これ一つずつに意味があるかといったら、

意味はないと思うんです。


「それが意味している本質的なところは何か?」

を感じられることが大事だと思うんです。


でも、ここでのポイントが、実践しきっていない、

または実践していないのに、その意味を考えてしまうことです。


やりもしないのに、十分やりきっていないのに

「これ何の意味があるんですか?」

と言って、行動に移さないし、

頭で考えて、身体で感じようとしない。

最近の子供に多いと僕は感じている。


まずやって見ることが大事。

まず一歩踏み出せるかが大事。

99歩からの100歩までの一歩より、

どんな一歩よりはじめの一歩が大事。


そうやって頭で考えてしまう人は、

正直それまでの人なんだろう。


まずやることで、意識にはあがらないモノが

たまってくる。


けど、意識まであがってきていないから

本人にはわからない。

だから、「本当に意味あるのか?」と

思いながらやることになる。


そして、いざ一つが意味がわかり、実を結ぶと、

今まで意識に上がってきていなかったモノが

どんどん意識として出てくるようになる。


全部がつながってくる。

リンクしてくる。





ここでちょっと話が変わるが、

人間、何かを見るときに、「興味あるメガネ」と

「興味ないメガネ」をかけていると思う。

(もちろん、メガネなしで見れる人もいる。)


さらに、「興味あるメガネ」にも2種類あって、

「足し算メガネ」と、「引き算メガネ」とがある。


どういうことかというと、

ある人を見たときに、興味がなく通り過ぎる人と、

興味があるというか、なんかひっかかる人がいる。


興味ないメガネで見ると、

その人が何をやっていても何も興味ない。

別にそれが悪いわけじゃない。

自分以外の人全員に興味があっても大変だ。


その興味ないメガネから、興味あるメガネに変わる時、

足し算なのか、引き算なのかが無意識に決まってくる。


足し算メガネで見ると、どんどんその人の好感度

が貯金されていく。

そういういい部分しか探そうとしないからだ。

人間の眼は、見たいものしか見ない。


「この人いい人だよな~。」

「あっ、よく見たらめちゃくちゃ服のセンスいいな。」

「そういえば、年下にも優しいし、年上にも丁寧だよな。」

「前食事言った時に、箸の使い方もうまかったな。」

「挨拶もしっかりできるな。」


と、今まではそんなの意識しなかったのに、

足し算めがねで見ると、どんどんその人のいいところだけを探して、

どんどん好感度貯金がたまっていく。

人を好きになるときなんかはそうだと思う。


それが引き算メガネに変わると、

「言葉の使い方が汚いな。」

「よくみたら服の着方だらしないな。」

「そういえば、部屋もだらしなかったな。」

「お金の使い方も荒いし。」

「いつもぶすっとしてるな。」


と、どんどん負債がたまっていく。


僕は、人と付き合うときに、どのメガネで

見られているのかを気にする。

(A型なので気にしいなんです。)


引き算メガネだったら、もう何をやってもムダである。

何か変にやったら空回りして、どんどん負債がたまる。

無難に過ごすしかない。


足し算だった時には、

ここで、どれぐらいの意識には

あがってこないモノをためていたかが、

その人の印象に深く残るのか、

まあまあいい人だったのかが変わる。


意識にはあがってこないモノは、

興味なしメガネの時には見えないが、

興味あるメガネになった時に見えてくるものである。


要は、何を言いたいかというと、

ガネーシャの課題には、その意識には上がってこないモノを

ためるようなものが多いのだ。


その多さが、ぷよぷよでいったら連鎖の数を、

芋でいったら、つるについてくる芋の数を、

いい印象になった時はその深さを、

悪い印象ならそのダメージの少なさを

決めてくるんだと思う。


でも、気をつけなきゃいけないのが、

「いやらしい気持ちでその課題をやってはいけない」

ということだ。


「あの上司に気に入られたいから、

興味あるメガネになった時に連鎖するように、

課題をクリアしとこう。」


なんて心でやったら、なんだかうまくいかなさそうである。

素直な心が必要である。


そこら辺は気をつけたい。


自己啓発本が結構読まれるようになって、

自分がすごい人間になったかのように勘違いしてる人が

いらっしゃるが残念ながら本物ではない。

それはわかる人にはすぐにわかってしまう。


そんなゲームみたいにクリアしていけるもんじゃない。

そんな甘いもんじゃない。

人生、ゲームだと思ってもらっちゃ困る。


「夢をかなえるゾウ」などの自己啓発本は、

きっかけとしてはすばらしいとは思うが、

全てではない。


本当に実力がない状態で階段を上がっていくと、

あとで一気に転げ落ちることになると思う。


僕も気をつけます。





かなり今日の話は飛びました。

すいません。


きちんと自分の能力、体力にあった、

畑をきっちりと耕し土台を作り、

その畑に応じたたねを丁寧にまき、

芽が出てからは、それを枯らさないように

水をやり、雑草をむしり、太陽を浴びて、

嵐がきたら守ってあげることを続けれたら、

かならずたくさんの大きな実が生ることだろう。


実はすぐにはならない。

準備が大事である。


たくさんの実を生らし、多くの人とそれを共有しましょう。

僕にしか生らない実がある。

あなたにしか生らない実もある。


関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<0,1秒の世界 | HOME | 『清原』という男。>>

ご無沙汰です

初めてコメントさせていただきますが実は何度もお邪魔しています。ごぶさたしてます。以前の職場で一緒にお仕事をさせていただいていたものです。私もブログを始めましたのでご挨拶を、と。会えそうでなかなか会っていないですから今度はいつ会えるか(笑)
- | dsk | URL | 2008.10.06(Mon) 07:22:26 | [EDIT] | top↑ |

コメントありがとうございます。お久しぶりですね。

実は、前の職場を辞めて、大阪から新しく神戸で働き始めることになってからあと一週間で一年になるんです。本当に去年の夏の間はお世話かけました。

学生に対してのセミナーのパネラーをされるみたいですね。実は、他のパネラーの方の中に、僕の大学時代の先輩であり、恩人の方がいらっしゃぃます。よろしくお伝えください。

それと、東海大の方にも、学生の時は仲良くさせていただいてましたのでよろしくお伝えいただければ幸いです。

次にお会いするときにはご飯でも行きましょう。

コメントしていただきありがとうございました。
- | 大友 勇太 | URL | 2008.10.06(Mon) 22:55:52 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/346-1e3093a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。