RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

世界を英語で表現できたら

2009.03.12 Thu
学ぶことから離れていたのかもしれない。

自分のありままを認めることから離れていたのかもしれない。

変化することから離れていたのかもしれない。


いいわけだけがうまくなっていた。


離れていったのはあなたではなくて、僕だったのかもね。


「私は何も知らないことを知っている。」


何年もかけて「バカの壁」をせっせと作り上げてきた。


芯から僕は成長できているのだろうか?

僕は僕を尊敬できるだろうか?

誠実に生きてきたのだろうか?


「一生勉強」


学ぶことなど何もないのか?

本当にできているのか?


できていないことを怖がらなくてもいい。

謙虚に学んでいけばいい。


英語はコミュニケーションのただのツールだと思っていた。

でも、英語を学ぶことは、英語を培ってきた文化を学ぶこと。


英語を学び、そして様々なことを学ばされる。


英語を学ぶことは表現すること。

からだの中にある、カタチのないモノに

カタチを与えるということ。

そこに何かが生まれる。




この世界を英語で表現できたら。


そう思う。

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<みんな同じ空気で | HOME | 我慢と考えると努力と>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/380-7c513afc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。