RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Babylon

2009.06.16 Tue
お久しぶりです。

みなさんお元気でしょうか?

僕はというと、浮き沈みの激しい2週間を過ごしていました。





大学の時の後輩、そして大先輩、大学の時に知り合った同志、

そしてこれからを担っていく若者達と熱く語り合った前半戦。


やっぱ中京大学在学中に感じていた

「こんな仲間がいたら、どんな社会だって変えていける。」

って、全てがつながりあってた、そんな素晴らしい時間が

蘇ってきました。


そんなみんなも卒業後に、違う環境になって、

みんなそれぞれの置かれた立場、文脈の中で

要求される振る舞いをするようになって、

「あの時は若かったな。」

とか、

「甘かったな。」

とか、思うようになって、

次第にその振る舞いが、社会の中で生きていく型になってきて、

気づくとそれが、その型こそが自分なんだと固まっていく…


僕は物悲しさを感じていた。

僕が大学生の時に、何よりも大切だと思っていたことを、

簡単に社会ってもんに合わせて、間違ってたなんて

思いたくもない。


でも、思っていたな、俺は。


でも、でも、やっぱ何か違うんだよ。


語り合った仲間達は、やはりあの時のままだった。

自分自身もレベルアップしていると思うが、

みんなもそれ以上のレベルアップしていた。

「やっぱあの時の気持ちは間違いなかったんだ。」

そう感じる前半戦でした。


僕は、やっぱり自分の価値観で生きていきたい。

他人の価値観では生きたくない。

何があっても屈したくはない。





後半戦は、そんな自分の価値観と、他の価値観との対立。

本当に体力を使う。

「そんなん裸になったらすぐにわかるだろ。」

って言いたくなるようなことばかりだった。

いろんなモノに守られた状態だから、そんなことが言えるんだよ。

その前提が崩れたら何も言えないくせに。

でも、俺は若いから、

金もないから、

実績もないから、

実力もないから、

技術も知識もないから、

結局、俺の価値は、価値のないものだとされる。

情けねー。


どんだけそんな状況でも、自分の思いさえ伝えれば、

何か変わってくるかと信じていた。


でも、何も変わらなかった。

これが、社会だ。

本当に自分が情けない。





もっと強くなりたい。

誰にも負けたくない。


自分の価値観で生きたい。

そのためには、結果残すしかない。


やるっきゃねー。

やってやる。




関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<叶うから夢なんだろう。 | HOME | FIRE CAMP TOUR 2009>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/399-0cac059c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。