RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

森田さん?

2006.04.07 Fri
 「いろいろなスポーツを観る!」

 今年の僕の目標の一つです。ということで、今日はテニスのジュニアの試合を観てきました。
 何でかって言うと、バイトの移動中にラジオを聞いていたら、ジュニアの世界ランクトップレベルの選手が出場する大会が名古屋であると言っていたので、「どうせ観るならトップレベルでしょ!」といった感じで行くことにしました。
 
 自分ひとりで行ってもよかったんですが、高校までバリバリテニスをやっていた女の子と行くことにしました。それもなんとなく決めたんですが、それが後々思わぬ幸運に…

  


 試合会場に行ってみて、まずびっくりしたのが、ジュニアの世界大会なので、サッカー場のように階段のような席で、それが一つのコートを囲んでいるだろうと思い、わくわくしていたのですが、コートがあって、ベンチが置いてあるだけでした。
 けどよく考えてみるとめちゃくちゃ近いところで観れるということで、そんじゃここに座ろうと言って座った席が、選手の試合中の休憩の時に座るベンチの真後ろでした(笑)アドバイス送ろうと思えばできるくらい近かったです。

 そこで、最初は男子ダブルスの準決勝でした。みんなジュニアとは言え、世界トップレベルなので、体格もよく、迫力がありました。なんかいろいろな国の言葉が飛び交っていてすごく楽しかったです。
 
 そんな時、もう一つ驚いたところがありました。
 それは、テニスは試合中、静かだということです。選手は雄たけびしている選手など静かではないんですが、周りがシーンとしているんです。まぁ、応援している人数が違えといえども、僕は野球をしていたので、高校でもブラスバンド、プロを観に行っても鳴り物と、どちらかといえば周りの方がうるさい中でプレーしていたので驚きました。ついつい隣の子に話そうと思うのですがちょっと気まずいくらい静かでした。

 男子も終わり、次は女子だったのですが、隣の子が「マジで!?」と言いました。何でと聞くと、「森田あゆみが次の試合だ…」と、その声の調子や表情を見ると、明らかに彼女が興奮していて、感動しているのが伝わってきました。「すごい人なの?」と聞くと、「知らないの!?16歳でプロになって、女子なのにダブルハンドで打つすごい選手だよ!」と説明してくれました。そこから僕は森田さんをずっと観てみることにしました。

 ここからは、僕の勉強柄というか、目指している分野が分野なだけに、マニアックな彼女の見方になっていきます(同業者の方々には多いはずです)。ある意味変態だと言えば、変態チックなので気味の悪い人はこれ以上見ないでくださいね(笑)
 
 どういうことかというと、ストレングス&コンディショニングコーチというのは、平たくいうと「トレーニングを指導して、選手の障害予防、パフォーマンスの向上をコーチングする人」です。(ここでは言い足りないので、また後で説明します)
 トレーニングを何をどう行うかなどを決める際に、その選手の「動き」を見たりすることはかなり重要になってきます。いい動きか悪い動きかを評価できなくてはいけないので、その眼を養っていかなくてはいけません。だから、どうしても、人を見るときに、「あの人かなり骨盤前傾してるな。」とか、「あんな歩き方だと、昔捻挫したことあるのかな?」とか、人の「動き」を見てしまいます。(たまに変な目で見られますが…)

 だから、話を戻しますと、この業界の人はただ「競技観戦」はしません。「人間観察」をします。長くなりそうなので、また書きます。

つづく…
関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<森田さん?のつづき | HOME | シャボン玉とんだ~♪>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/4-6f39d307

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。