RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

叶うから夢なんだろう。

2009.06.20 Sat
いまさらだけど、夢を叶える一番の方法は、

「その夢を諦めない」

それしかないのだと思う。



「具体的にイメージする」

具体的にというか、夢を叶えている自分が

リアルに想像できさえすれば、

夢のほとんどはもう叶っていると思っていいと思う。

でも、そんなことが意外にできていないことが多い。

夢の舞台はどんな場所で、誰がいて、自分はどんな格好で、

何が聞こえて、天気はどうで、自分がどんな気分をしているのか…

そこまで想像できたら、後は諦めなきゃいい。

誰が何と言おうと。



「根拠はなくていい」

何でその夢を叶えたいかなんて、どうわかりえるのだろうか。

人間の意識なんて、そんなにたいしたもんじゃなく、

意識したいものを意識しているだけ、

ほとんど錯覚みたいなものだ。

大事なものは、全部無意識が勝手にやってくれる。

もしそれが具体的に語れていたとしても、

それは後付でしかないと、僕は強く思う。



「短期ゴールを設ける」

その夢に向かうまでの、途中経過駅を決め、

それをクリアしていくことで、気づいたら夢を叶えていた。

それはそうかもしれないが、僕はそれが楽しいのかと思う。

ただのゲームじゃん。

それじゃ夢がかわいそうだよ。

Wiiでもやってた方がいい。

人生はリセットがきかない。

見通しもきかない。

でも進むしかない。

夢があるのだから。



「誰にも負けない努力をする」

諦めたくなきゃ誰でもそのときに応じた努力はする。

あえて、努力を強調しなくてもいい。

ちなみに僕は、誰にも負けないほどの努力はしていない。

でも、夢を叶える自信は誰よりもある。



とは書いてみたものの、夢に近づけば近づくほど、

夢は遠いものに感じていく。

夢がめっちゃ具体的になった頃はよかった。

ただ進んでいけばいいし、何もかもがうまくいった。

ちょうど大好きな人と付き合い始めた感じ。

でも、次第にうまくいかない時がやってくる。

その時に、試されてるんだと思う。

「本当にそれは叶えたい夢なのか?」

そこでほとんどの人がその夢に別れをつげることになる。

そして、違う彼女付き合い始め、そして結婚を決める。

僕は、最初にめっちゃ好きだった人と結婚したい。

最初に、興奮した夢を叶えたい。

ただただ諦めさえしなければいい。

今は我慢の時期なのだろう。



人の夢に優劣はない。

人は叶えられる夢しか見ない。

それが本当に見たい夢なのかどうかは、その人にしかわからない。



自分にうそはつきたくない。




関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ただの昨日の話。 | HOME | Babylon>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/400-acc6ff65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。