RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ただの昨日の話。

2009.06.30 Tue
昨日の話をしますと、

昨日は仕事終わった後に、

課題を終わらすために居残りしてました。


課題というのも、

障害調査といって、

うちのクリニックに来てもらっている

患者さんのデータをまとめていたのです。


野球肘に関してのデータをまとめていたのですが、

一つ一つのカルテを開いて、

そんでExcelにデータを打ち込んでいくのです。

ご想像通りの単純作業です。


僕、あまりこういうの得意じゃありません。

だから研究向きではないのかもしれません。

研究されている方、お疲れ様です。

ためになる研究をしてください。


そんで、その打ち込んだデータから

見えてくる傾向を探していくのです。


僕は一人一人のカルテを見て、

その子のストーリーを想像していました。

なんとなくですが、やっぱり覚えているものですね。


どんな服を着る子だったか。

どんな髪型だったか。

お兄ちゃん、弟、お父さん、お母さんはどんな人だったか。

何が好きで、どんな話し方していたか。

どんな投げ方をしていたか。


などなど思い出しました。

みんなストーリーですね。


それを数字にしていく作業。

名前は消されて、数字だけが残っていく。


なんだか僕には違和感がありました。


みんな同じように切り取られていく。


研究はそういう作業だから仕方ないのだけれど、

だからって、それが客観性を持たせることかといったら、

それはちと違うかと思う。


僕らは絶対に主観から逃れられることはない。

「私」はいつだって私で、

私の感じたいようにしか、感じることはできない。


それはもうそうなんだ。

この世界を、世界たるや意味を持たせ、

その中で生きているのは、

紛れもなく私。


って、急に話題変わりすぎですね。笑


最近、いろいろ本を読んでて、

そんな話が出てきたのでね。


今読んでるのは、

『単純な「脳」、複雑な「私」』
(池谷裕二、朝日出版社、2009)

と、

『脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ』
(サンドラ ブレイクスリー (著), マシュー ブレイクスリー (著)小松 淳子 (翻訳) 、インターシフト、2009)

の2つなのですが、ぜひおすすめなのでどうぞ。


それを見て、改めて自分は科学が好きなんだと確信をしました。

小さい頃から、科学者が好きで、

特に天才と呼ばれている人たちの本を見ていました。


何か不思議に思うことがあると、

もうとことん考えてしまいます。

ずーっと何をするのも忘れて。


今でもそれは変わってないと思います。

その命題が大きければ大きいほど、

わからなければわからないほど、

僕にとっては楽しい時間です。


科学者になりたいな。


とまあ、最初何の話題から始まったのか

覚えてらっしゃいますか?


それぐらい人の記憶は曖昧で、

だからこそ、安心して生きていけるのですが…


正解は、僕の昨日の仕事後の話でした。


そこで、統計処理なるものを

初めて目の当たりにしました。


モノとモノとの間、あるいはコトの間に、

何か関係があるのかということを調べることだと

認識していますが、

それはあくまでそういう傾向があるというわけで、

真実ではありません。


相関はあくまで相関でしかなくて、

因果ではない。


って池谷さんが書いてました。


なるほどね、謙虚な姿勢が必要なのですね。


昨日も、僕がデータの打ち込みをして、

それを統計処理していただいたのですが、

あんなに面倒なことだとは…


かなり遅くまで同僚の方、

いや先輩を使うことになってしまいました。


いやー、本当に研究者には

謙虚な姿勢が大切ですね。笑


本当に昨日は疲れました。


それが終わって、雨の中自転車で帰宅途中、

警察に止められました。

僕、これで須磨に来て、自転車に乗ってて

止められたの、6回目くらいですよ。

別に自転車は盗まないって。

そんで、防犯登録ナンバーの照会をしている最中の、

妙に世間話をしようとするのやめてもらえませんかね。

そんなに僕に興味もないくせに。

「こんな遅くまで仕事なんですか?」って。

あんたもそうじゃん。





謙虚か…

僕にはちょっとまだ遠そうです。




関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<Mr. Misunderstand | HOME | 叶うから夢なんだろう。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/401-b53f898f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。