RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

風の永い旅として。

2009.10.24 Sat
いろんなことがあったけど、

関西に来て、仕事して本当によかったと思う。


こっち来て、

「俺をつぶしに来るやつは、誰だろうと全員噛み付いてやる。」

って日々獣の眼で生活してきて、


「俺は成長してるんだ。」

「俺が一番だ。」

「関西に来て正解だったんだ。」


って、虚勢を張って、


「これで大丈夫か…」

「秋田に帰ろうか…」


って、晴れの日がなんだか切なくて、

優しい音楽しか聴けなくなって、

大学の知り合いに会うのも、

気合入れなきゃ会えなくなって。


でも、よかった。

本当にこれでよかった。


まだまだ子供のところもあるし、

獣の面もある。


でも、大人ってどんな存在なのかはわかったような気はする。

大きいな、大人って。


獣っていって、俺が騒いで、喚いて、噛み付いても

子犬の甘噛みくらいでしかなかったのだな。


「よしよし、噛め噛め。気が済むまで噛むがいいよ。」


時には「俺は大丈夫。」って、笑顔で言いながらも、

少し力が付いてきたから、噛む力も強くなって、

後ろにさりげなく隠した右腕を、怪我させていたとしても、

それでもまっすぐに向き合ってくれた。


大人と仕事をしていたんだな、俺は。


でも、俺はその人たちに何も返すことはできない。

直接礼など言っても、そんなんじゃ足りない。


そうしたら俺はもっともっと強くなるしかない。

俺は俺のやり方で、俺の足で歩いて、俺の行きたいとこまで行く。

もうその時には、あなたはいないのかもしれない。

でも、もう行くしかない。


やっと次のステージが見えてきた。

久しぶりに身体の内からワクワクしている。


無理やり大人になろうとしていたのかもしれない、

ここ関西で。


でも、まだ子供だ。

好きなことしか未だにできない。


それでいい。

短所を消すより、誰も追いつけない早さで

自分が自分である部分を伸ばしてやる。


空はどこまでいっても無限だ。


自分が何にもできなくて、

大人になれない子供だって気づくのに、

3年かかってしまった。


どこまで行っても、俺は俺。

次の目的地は、風が教えてくれるはずだ。


そして歩き始めたら、

あとは、内なる声に耳を澄ますだけ。


ただそれだけのこと。

それだけのこと。


関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<事実をあげる。 | HOME | 一歩一歩進む日々。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/432-19139624

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。