RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

事実をあげる。

2009.10.25 Sun
この前の水曜日、ヒロさんのセッションを受けてきました。

今回が6回目です。

そして、今回は知り合いのダンサーの子といっしょに行きました。


僕はダンスのスキルというよりは、心がしっかりしているところに

惹かれるところがありました。

ダンスのスキルがある人はたくさんありますが、

心が乗る人、そしてその心が豊かな人はなかなかいません。


車の性能ばかりがよくてもダメだし、

運転技術だけよくてもダメだし、

安全運転しようという気持ちだけあってもダメだし、

バランスですよね。


彼女の場合は、車の性能というより、車の調子が悪くて、

それで技術も習得しづらい状況になってて、

それで心も疲れてきちゃっていた状態でした。

ということで、今回は車のメンテをしてもらいました。


「どんなことするんですか?」と聞かれたので、

「駐車場に車停めて、買い物に行って、

帰ってきたら、自分の車がフェラーリになっちゃってる感じ。」

って言いました。

「???」

これ以上説明のしようもないので、とりあえず受けてもらいました。


ヒロさんのセッションを受けたことはあっても、

やっているところは見たことがなかったので、

僕にとっては素晴らしい教育の時間になりました。


ヒロさんタッチしている感じ、そして施術する姿勢。

ブロックを感じ取ってる感じ、そしてそのブロックが

あったところがゆるんでいく感じ。

その事実を見ることができてよかったです。


大事なのはテクニックなど見ることも大事なのですが、

『プロセス』と、そして「よくなった」という『事実』です。

それだけで教育は十分です。


事実しかないわけだから、そこから目を背けて、

方法論の話をしてもナンセンスだと思います。

「よくわからんけど、めちゃよくなった」という事実が大切です。

そこで謎が生まれるからこそ、

「それをしたい」という勉強への意欲が湧いてくるわけです。

最高の教育を受けました。


学ぶ方が、今、何を学んでいるかを把握できているのは、

ビジネスライクな教育スタイルです。

その場でのことしか考えていない。

まぁ、詳しいことはこちらこちらを見てください。


事実を目の当たりにし、それを受け入れること。

それが今の教育に足りないものではないでしょうか。

要は、「事実を見せれる本物がいなくなってきた。」

ということでしょう。


僕は、広い意味で、「僕は教育者になりたい。」と、思っています。

教育者のみなさん、がんばりましょう。


ヒロさん、ありがとうございます。

また見させてください。


セッション後の、ダンサーの子は、まるで人が変わったようでした。

ずっとニコニコして、力みが抜けてたれ目になってるし、

ずっと歩き回って感覚を確かめてるし、いつもできなかった動きができるし、

「フェラーリになった!!」って言ってました。


人は変われますね。

人は結局自分で教育していくものなのですが、

その変容のきっかけを与えてくれるのは他人ですから、

そんな他人になりたいものです。


僕も、そのあとセッションを受けたのですが、

今日はかなり動いて、ヒロさんと二人でヨガをしている感じでした。

内からの理想の動きを、ヒロさんが導き出してくれんでしょう。

「次はどんな動きをするんだろう?」ってワクワクして

セッション受けてました。


結構動いたので、帰りの電車は寝てたし、

家に着いてもすぐに寝ました、10時に。


そしたら、電話がかかってきました。

ダンサーの子です。


どうやらセッション後にダンスの練習があったらしいのですが、

先生に褒められるくらい動きが変わったみたいで、

かなり興奮して話していました。

寝ている途中だったので、あまり詳しくは覚えていませんが。


人は変われますね。

そういう人が変われる場に、多く立ち会えたら幸せです。


ロルフィングで人に触れることで、もっと深く人を学ぶ。

そして動きを極めるために、自らの内側を探る旅としてのヨガを深める。

自分で学んで生きていくということを伝えるために、結果的には教育にも携わる。


今自分ができること、そしてこれから自分ができるようになること、

それらが合わさってどんな形になっていくのでしょうか。

少しずつですが、自分が本当にやりたいことが見えてきたような気はします。




明日はお休みです。

髪を切って、喫茶店でのんびりしたいと思います。

晴れたらいいですね。


それでは。

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<緊張に気づくということ。 | HOME | 風の永い旅として。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/433-9dd65bbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。