RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

何もできないから、語りあうしかない。

2009.11.02 Mon
今日はずっと雨が降っていた。

休日に雨、僕はそんなに悪い気はしない。

ちょうどいいくらいの雨だった。


なんだか最近、相性が悪い気がする

上島珈琲店ではなく、今日は違う場所に

足を運ばせた。


僕にとっての、喫茶店の好き嫌いは、

そこに来るお客さんによると思う。


あまり、若い人が来るような場所にいると、

なんだか落ち着かず、創造のスイッチは

眠ったままになる。


お客さんが全くいないのもイヤだ。


おじいさん、おばあさんが適度に

いてくれる場所がいい。


たまに聞こえてくる会話が、

とてもほのぼのとしていて、

優しい感じがするからなのだろうか。


今日の喫茶店はそんな場所だった。




“TRANSIT”という雑誌の、ギリシアの特集を見る。


最近、ヨーロッパに惹かれている自分がいる。

アメリカ行きが、具体的になればなるほど、

ヨーロッパへの想いは強くなる。


多分、アメリカの次の旅先は、ヨーロッパになることだろう。


アメリカもアメリカで、いいところはたくさんあるだろうけど、

多分、嫌いになってしまいそうな気がする。


恋愛に似ているのだろうか。

すごくかっこよくて、惹かれる部分もかなりあるが、

「この人とは長くは続かないだろう。

 でも今は、この人に恋をしている。」

だから、今はアメリカに恋をしている。


アメリカは、若くてかっこいいみたいな。

ヨーロッパは、大人でダンディーな感じ。

どちらもいいと思う。

何でも経験することは大事だ。


というか、僕は何の話をしているのだろう。笑




最近、大学の友達、先輩、後輩と連絡を取っている。


先輩は、家庭を持ったり、学生の頃と変わっているのかというと、

意外に学生の時のままな感じがする。


後輩は、逆に、結構印象が変わっていたりする。

「おー、大人になったなあ。」って。


同期の友達は、ちょうどその中間みたいな。

僕も含め、少しずつ肩の力が抜けてきたような気がする。


僕はというと、特に変わった気はしない。

卒業してからは、暗黒時代だったので、

すごく苦しんで、自分が自分じゃないみたいだったけど、

今は、笑顔で大学の頃のみんなに会えそうな気がする。

ようやく力が抜けてきた。


力が抜けてきたと言っても、

熱まで下がったわけではない。

メラメラ、相変わらず野望に燃えている。

また新たな夢も、語れるようになってきたし。


いろいろ考えすぎていたのかもしれない。

「“働くこと”とはどういうことか?」


でも、それでよかったと思う。

早合点は危険だ。


とことん、自分を見失いかけそうになるまで、

本気で考えまくったから、今のこの気持ちになれた。

卒業してから、今までのブログが物語っている。


「俺は、俺だ。

 そして俺は、何もできない。」


今だったら、後輩に何かを伝えられそうな気がする。

伝えなきゃいけない気がする。


後輩達が、11月22日に「第6回中部学生トレーナー交流会」を、

中京大学で開催をする。

東海地方の、将来トレーナーを目指し勉強している学生が、

一年に一度集まり、そして語る。


自分も、実行委員長として、準備がんばったな。


お遍路の時に、どうするかいろいろと構想を練って、

そんでみんなに助けられて、なんとか終わらせることができたな。


当日の僕の司会っぷりは、僕の見てきた先輩達のそれと比べても、

正直ほめられたもんではなかった。

自分の記憶では。

というか、自分では当日何を言ったのか覚えていない。


でも、交流会後のみんなの笑顔、そして元の顔がわからない

くらいに泣いてたこと、普段おとなしそうにしているやつが、

熱く語ってくれたことは覚えている。


今年は、彼らの番か。


そして僕は、今年は後輩達に、何かを語る番なのかもな。


今から楽しみだ。

後輩達は、僕にうらやましいぐらいの輝きを見せてくれるだろう。

そしたら、僕は、「まだまだ甘い!」って、

それ以上に輝き返さないとな。

まだまだ熱さ、輝き、勢いも負けてなどいられぬ。


当日までパワーを貯めておかないと。


どんな熱い語り合いも、僕は受けて立つ容易はできています。


東海地区の学生トレーナーのみなさん、

交流会の会場でお会いしましょう。

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<半月ぶりです。 | HOME | 緊張に気づくということ。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/435-58a68b5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。