RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

雨の話。

2009.12.24 Thu
昨日は朝からパーソナルがあったので、

一昨日の夜の先輩のパーティーはキャンセルした。

パーティーをキャンセルするなんて、

自分ではありえないけど、

なんだかそんな気分だったから行かなかった。

昨日は朝から雨が降っていた。

世間はクリスマスで盛り上がっているのに、

僕の頭上には雨が降っていた。

寒さは少し落ち着いたようだ。

パーソナルも終わり、大阪へと向かう。

いつものように普通電車に乗る。

運良く京都行きの電車だった。

他の行き先だと、尼崎で乗り換えになってしまう。

乗換えが好きじゃないから普通にしているのに。

ちょっと難しい本を読む。

薄いのに5000円以上もする。

でも、今はこの本と波長が合う。

今回のBRUTUSのタイトルじゃないけど、

「本がひとをつくる」のだろうな。

易しすぎる本ではつまらないし、

難しすぎても飽きてしまう。

「ちょっと姿勢を正して、気合を入れて」

ちょうどいいくらいのレベルの本。

電車に揺られ、三ノ宮くらいからは

もう寝てしまった。

最近、自分のペースで寝ていないからな。

「もう大阪だろう」と、

なぜだかうとうとしながらも

ちょうどいいタイミングで目が覚める。

人間って不思議だ。

昼にヒロさんと会う約束だったので、

少し時間があるので、

大阪駅のGAREでウロウロしていた。

どこに行ってもクリスマスムード。

けど、僕は悪い気はしない。

なんだかんだでウキウキしている。

少し早いが待ち合わせ場所付近に着いてしまった。

「まあいいや、犬達も楽しそうに走り回っているし、

ここでゆっくりすることにしよう。」

ヘルメットをかぶって自転車をこぎまわっている

少年達の向こうでは、でっかい日の丸の旗を持った

黒いスーツを着た人達が集会をしている。

これが今の日本である。

国境なんてないさ。

境界線なんてないさ。

でも、なんか満たされないのはなぜなのか?

線なんて、壁なんてないのは、

今か、それとも昔か。

そんなことなんてどうでもよくなって、

ヒロさんとカレーを食べに行く。

おっちゃんはいつにもなく忙しそうだった。

ちょっと気をきかせると、

「ありがたいけど、自分でいろいろ計算してやってんねん。

だから予期せぬことがあると、ペースが狂うねん。」

そうだよね、その忙しさがおっちゃんの中で

想定内なら手伝わない方がいいかもね。

俺でもそうだもん。

センスのいい手伝いならいいけど、

なかなかそんなことできる人はいない。

「何でそんなとこ手伝うん?いいから黙って座っとけ。」

って思う人がほとんどだ。

一通り落ち着いてきて、カレーを食べる。

ここのカレーは同じ味がない。

毎回発見がある。

おっちゃんのこだわりをすごく感じる。

今日もチーズの話を聞かせてくれた。

とても楽しそうに話していた。

多分、このおっちゃんは組織の中では働けないだろう。

高級レストランでは必要とされないだろう。

でも、最高にうまい。

ヒロさんがチーズの盛り合わせを

おっちゃんにプレゼントしていた。

うれしそうだったな。

店を出て、ヒロさんとお別れ。

この人と出会っていない人生は想像し難い。

アメリカと僕をつないでくれた。

今は感謝しかない。

近くのカフェへと場所を移す。

すごくゆったりとした時間が流れ、

僕はほうじ茶を飲みながら、

ぼーっと宙を眺めていた。

この何気ない時間が、

最近作ろうとしていたけど作れなかった時間だ。

僕はそこにある空気を、全部楽しんだ。

時計を気にすることもなく、

周りのいる人たちの幸せそうな顔を見て、

ほうじ茶飲んで、本を読む。

アメリカに行った自分を想像していた。

人は大変だと言うけれど、

今の僕には楽しそうな僕しか見えない。

何を気にするのでもなく、

自分を開放してあげれている自分が見える。

早く行きたいな。

細かいところまで想像しておけとも

人は言うけれど、

人生思い通りになんて進まないが、

思い通りのところには立っていたりする。

全てが見通せていたら、

それは作られた映画のようで、

フィクションじゃないかと思う。

目的地はなんとなく決まってて、

あとはどうなるかは、そのときの風が教えてくれる。

この前のセミナーで、

ある人が「僕、超ネガティブなんで。」

と言っていた。

弱さを認めなければ、強くはなれない。

本当に強いものに出会ってきた人は、

自分の弱さをしっている。

自分の足で、本当に強いものを探す旅もせず、

「俺は強い」と言っている人は、

僕は信用しない。

その人には強さが見えた。

その人の後ろには、

誰よりも静かに、でもとてつもなく熱い炎を感じた。

あんな人になりたい。

多分、その人は「謙虚になれ」と言われて、

そうなったわけではないと思う。

言葉は先ではなく、後から浮かんできたものだと。

強くなるために、歩くしかない。

自分の信じた道を歩いていくしかない。

今日が例え、雨が降っていたとしても。

雨なんて楽しんでしまえば。



明日はクリスマス、みんなが笑顔になるように。


Merry Christmas!!

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |
<<うまくは言えないけれど。 | HOME | 無愛想なマスターのいるところ。>>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | | 2009.12.26(Sat) 08:51:32 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/445-ea734d84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。