RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

しぜんなからだ。

2010.01.21 Thu
「からだ」は「自然」だという。


小さい頃から、比較的緑に囲まれた山々の中で育ったので、

なんとなく自然というものを知っている。


自然は、時に優しくすべてを包み込み、

時に鬼のように暴れ出す。


自分の都合ではなく、山の都合に合わせていく。

毎日変化し、一瞬として同じ自然はない。


だから毎日楽しかった。

いつも違うから。


からだだってそうなんだろう。


いつも同じではない。

少しずつ変化している。


久しぶりに、大阪の天満のスピリットヨガスタジオに行った。

おなじみのDavidのレッスンに参加するためだ。


Rolfingの10シリーズを終えたからだだから、

いつもと感触が違った。


少し深いところまで行ける。

そうすると、また違った景色が見えてくる。


Davidの動きは、猫のようで、残像が見えるような動きをする。


Davidが手本を先に見せてくれるのだが、見とれてしまった。

いい動きは、いつ見ても、どれだけ見ても飽きない。


「あんな動きできたらいいなぁ」と願うが、

僕のからだはそうは動いてくれない。


何とも格好が悪い。


腰は浮いているし、

足も吸い付いていないし、

手も嘘っぽい動きだし、

全体としてもつながりがない。


思わずため息が出る。


でも、いい動きを見ることで、

僕のミラーニューロン達が反応してくれて、

いつかあの動きが出来るように願うことにする。

想像はリアルになるから。笑


Davidに本当に感謝である。


僕は今まで少ない経験の中でも、

いろいろなアスリートの動きを見てきたけど、

現時点では彼がピカイチだ。


からだに終わりはない。

自然に終わりもない。


一歩ずつ一歩ずつ、格好がいい大人になれるように

yogaを楽しむことにしよう。




関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<僕はこういう道を歩きたいと思っています。 | HOME | 向かうところ>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/451-3e112efd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。