RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

望んでいたものが、今、この日常なのだから。

2010.04.14 Wed
ずっと勉強したかった。

分からないことが多すぎるから。


大人になればなるほど、

僕は,

わからないこと、

勉強、研究してみたいことがたくさん増えてきた。


僕は学んでいく過程に関しては、

自分のペースに合わせてほしい。


ちゃんとやるから、ちゃんと結果は出すから、

あまりせかせか、がやがやしないでほしい。


先生には、ただヒントを出してほしいだけ。


とにかく先生に言われたとおりに進んでいって、

分からないことを分からないままやっても

あまり進歩がない。


試したい「モノ」がないから。


自分で選び、自分で試し、自分で結果を受け、

自分で結果に対し反省し、自分で次に備える。


そうやっていろいろ学んできた。


自分で、

「ってことは、多分ここで使えるかも。」

ってその場面でそのモノを試してみる。


そして、その反応が返ってくる。


「こういう場面で使ってもいいけど、

 順番を考えないと逆効果だろうな。」


とか、反応を踏まえて、

その「モノ」を改良したり、

その「モノ」の出す場面を変えたり、

その「モノ」といっしょに違う「モノ」を使ったり…


そうやって、言葉を使ってのコミュニケーションだったり、

エクササイズを使ってのトレーニングだったり、

調理道具を使っての料理だったり、

少しずつうまくなってきたのだと思う。


だから、「〇〇やりなさい、△△しなさい」とか、

最初から最後まで教えられるのは向いていない。


なぜ、〇〇が有効な「モノ」なのか僕にはよくわかっていないし、

その戦術が立っていない。


もちろん、まずがんがんいろんな「モノ」の経験を浴びさせ、

それで少しずつわかってくることも大事だと思うけど、

僕はその「モノ」をまずじっくりと見て、何に使えるのかを吟味し、

そしてそれを使っていきたい。


今、勉強できる環境にある。

言い換えると、

いろいろ試せる環境にある。


僕はずっとそれを欲していた。


ここ何年かは、その環境がなかなか自分の中になかったから、

いいと思っている「モノ」を試そうにも、

初めて使うから準備も、手間もかかるし、

だったら時間がないから、いつもの「モノ」にしようって

感じになっていた。


今はたくさんの試したい「モノ」が詰まった本もあるし、

ネットにも様々な「モノ」がすぐに手に入る、

さらにBoulderでさらにいろんな「モノ」に出会った。


そして、いくらでも時間はある。


昨年の今頃、仕事をしながら、

ふと忙しさが落ち着いた時に、

窓の外を眺めながら、

「いつかこの窓の外で、時間を気にせず自由に学びたい。」

と思っていたことがある。


別に前の職場が悪かったわけでない。

そうでなければ、

「学校も始まったし、学生で溢れかえってるかな…」

「あの患者どうなったかな…」

「患者さんに喜んでもらえるクリニックかな…」

なんて考えもしない。


ただ、僕にはペースが早すぎた。

僕の頭では、日々出会う、様々な反応達に

ゆっくりと向き合うことができなかった。


今、窓の外に広がっていた景色が、

日常となって僕はその中で暮らしている。


有難いな~。


本当に有難い。


その分一杯学ばねば。

いつか少しずつでも、その恩を返せるように。


今日もたくさんの学びに感謝。


Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<一週間くらい暮らしてみてのmap。 | HOME | 何もすることないので、ブログを書く。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/464-176b00b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。