RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

一週間くらい暮らしてみてのmap。

2010.04.14 Wed
今日のBoulderは快晴でした。

昨日は風が強くて、すこし曇ってたんですけどね。


快晴なのですが、すごく乾燥しているので、

朝晩は少し肌寒いのですが、昼は真夏のようになります。

本当に何を着るか迷うんですよね。


で、服を買いに行きました。


お目当てはThe North Faceってメーカーの服。

The North Faceはアウトドアメーカーなんですが、

すごく機能性が高いんです。


特に僕がお気に入りの点が、「素材」なんです。

薄くて軽いんです。

それでいて肌触りもいいですし、

保温性も高いんです。


いいことづくめのThe North Faceなのですが、

その分お値段は…


そりゃそうですよね。

だから、The North Faceは大好きなのですが、

限られた物しか持っていませんでした。


しかし、ここBoulderでは、かなり安い。

Boulderっていうよりアメリカだからでしょうが、

それにしても安い。


日本の、アディダスとかナイキを買う感じで、

The North Faceが買えちゃいます。


なので、ちょこちょこ買いました。

すごく薄くて軽いので、今の季節にかなり重宝しそうです。

P1010535.jpg

写真はThe North Faceのお店です。

アウトドアメーカーなので、ロッキー山脈と

一緒に撮ってみました。




P1010530.jpg

お腹が空いたので、次に向かった先は、

“Illegal Petes”っていうメキシコ料理のお店です。

上の写真は、ブリトーです。




P1010531.jpg

ナショナルズにインターンに行った時に、

中南米の選手が多かったのもあって、

ランチによくブリトーが出ていました。


最初は、よくわからないのでかなり警戒していたのですが、

一度食べてハマってしまいました。


メキシカン料理だったら、ずっと海外でも暮らしていける

っていうくらい僕は好きです。


コンビニで売ってるブリトーなんてウソですよ。


上の写真はその店内です。

お昼時になると、行列ができてごった返します。




P1010536.jpg

ランチの後にブラブラ歩いていると、

桜が咲いていました。


僕の生まれ故郷の秋田の桜と言えば、

「角館」

柳葉敏郎さんが現在住んでらっしゃるところでもあります。


今日、一緒に住んでるブライアンが紹介してくれた、

Kerryさんにメールをしたところ、

なんとKerryさんは2回も秋田に行ったことがあり、

角館の桜も観たそうなんです。


まさかBoulderで外人さんと秋田の話で

盛り上がるとはね。

世界も狭いもんです。


今週の金曜日に晩御飯に行く予定です。

“sushi tora”って日本料理が食べれるとこに

行ってきます。


その後は、今日も“The laughing Goat Cafe”に行ってきました。

もう行きつけですね。


今日は、日本語の本、そして英語の本を読みました。


英語の方は、パソコン開きながら、ALCを使って、

めっちゃ時間かかって読んでます。


こういう時に、ネット環境が整っていると助かります。

大きな画面の電子辞書ですからね。


それにしてもALCって便利ですね。

例文の量がかなり多いので、ちょっと分かりにくい表現でも

その使い方が分かります。


そこからそれに関連したものもすぐに探せますし、

そうやってつながりながら覚えていくのって、

2009年にECCのプライベートレッスンでお世話になった

Tommyさんの教え方に近いんです。


一つのことからいろいろ広がっていくから、

自分の中にmapが構築しやすいんですよね。


なので、ALCを使って自分で勉強していると、

Tommyさんの授業を受けてるみたいで、

すごく楽しいです。


今、英語の勉強が楽しくなってきているのも、

ALC、もっと言ったらTommyさんのおかげです。


よかった、ECCに行ってて。


そうそう、「mapの構築」って、

一つ前に書いた、「学んでいく過程」の

ことなんですよね。

(それに気づけたのは、圭二さんとのお食事会

でのことでした。)


なんだかよくわからないけど、もう存在はしていて、

少しずつ自分で歩いて、成功、失敗をいっぱい繰り返し、

そうやって、自分のだけのmapが構築されていく。


人によっては、同じところを同じ時間歩いていたのに、

全然違うmapにもなるでしょう。


お店の情報をたくさん書く人、

知り合いの住所を書く人、

最短ルートにこだわる人、

人が多いところのmapは全然ない人、


同じ英語を学んでも、

mapは人それぞれ、

もう少し先の僕の英語のmapは、

どんなmapなんだろう。


楽しみながら、英語の旅を続けよう。

もちろん日本語も。



P1010538.jpg

今日のリンリンとブーマー。

僕の部屋の前で、二人仲良く並んで座ってました。


英語も日本語もどっちも大事だよって背中で

言われているような、いないような。


最後は少々無理やりでしたが、今日はこの辺で。


明日も晴れることを願って。


では。


Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<性分ってのは、基本的には変わらないと思っています。 | HOME | 望んでいたものが、今、この日常なのだから。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/465-a2441e4e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。