RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

生活の音に囲まれてた方がいい。

2010.04.19 Mon
Boulderの図書館に行ってきました。

英会話クラスに参加するためです。


クラスが2つありました。

一つは会話をとにかくしていくクラスと、

もう一つは、文法とか、発音とか、テキストを

見ながらゆっくり進んでいくクラスでした。


最初ということで、「ゆっくりクラス」にしました。


そんなに人数はいないのかなと思ったのですが、

全員で8人くらいいました。


アジア圏が多く、中国、韓国、台湾、そして日本、

プラス、メキシコといった感じでした。


かなり発音に関しては厳しい先生で、

“L”と“R”の発音を何回も注意されました。

日本人にはおなじみの間違いですね。


おもしろかったのが、その国によって

「苦手な発音パターン」があること。


メキシコはメキシコの、

韓国は韓国の、

中国は中国の、

苦手なパターンがありましたね。


僕にとっては何ともない、複数形につける“s”が

メキシコ人の女の子にはなかなか難しそうでした。


おもしいですね。

言語って。


でも、それぞれの国の方が1人ずつくらいだったので、

個人の問題もあるとは思います。


日本人同士でも、苦手な発音って違ったりしますよね。


これからも、そういった違いも見ていけたら、

おもしろいなって思います。


言葉と身体は切っても切れない深い関連がありますからね。


クラスが終わった後に、

「もう1つのクラスとどっちが合ってると思いますか?」

と聞いてみると、

「向こうのクラスは、会話の量が多く、速いわよ。

 そして、向こうの先生は違ったことを教えることもあるからね。」

ってさらりと言っていました。


今日の先生もチャーミングな先生で僕は好きだったのですが、

来週は違うクラスも受けてみて、どっちかに決めようかと思います。


それにしても、タダってのが

「有り難や、有り難や」です。

恵まれてます。


その後は図書館で勉強しました。


机があちこちにあって、窓際の場所があって川が見えたり、

山が見えたり、そんでコンセントも近くにあるし、

もちろんWiFiの環境は整っているし、とてもいい感じでした。


でも、

何か静か過ぎて、なんだか勉強のペースが上がってきませんでした。


僕、勉強してると、flowに乗っかる時があるんです。

ゾーンって言ってもいいかもしれません。


そうなると、どんどん筆が進むし、

どんどんいろんなアイディアがリンクして、

そこから新たなアイディアも出てくるのですが、

図書館では起こりにくいのかなと感じました。


なんとなくですけどね。


カフェとかだと、

人の歩く音、店員さん同士の会話、

お客さんの会話、外の車の音、誰かがコップを落とした音、

椅子を引きずる音、BGM、

とか様々な、「みんなの生活している音」が折り重なって、

「雰囲気」を作ってると思うんですね。

決して「厭なノイズ」ではなくてね。


なんとなくそういうのってありますよね。


その場所特有の「音」っていうか、

もちろん「匂い」もありますし、

大きく言ったら「雰囲気」っていうかね。


そういう「音」を求めて、結局お気に入りの喫茶店に

移動しちゃいました。


案の定、筆が進みましたね。


でも、図書館には図書館のいいところはあるので、

カフェと共に上手に付き合っていけたらと思います。


明日もこうして

「いつでもいつまでも勉強できる環境に感謝」

しつつがんばりたいと思います。


それでは。


Yuta








関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<育てていく。 | HOME | New Cellphone!!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/473-7e2dc055

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。