RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ミラーニューロンとセッション。

2010.05.10 Mon
他人に共感を覚えるとき、

脳内でミラーニューロンってのが

働いているらしい。


人が梅干食べてるのを見て、

まるで自分が食べているかのように

よだれが出てくるのも、

ミラーニューロンってのが関係しているらしい。


相手の行動を見ることで、

実際に自分もその行動をするときに

働く脳の部分が活性化すると。


年がめっちゃ離れている「サザエさん的」兄弟の

うちの兄さんは、


「野球はうまい人のを見て覚えろ」


「スキーはリフトに乗っている時に、

 うまい人の動きを見て研究しろ」


って、ずっと言っていた気がする。


今現在の、自分の「動きを見る目」は、

その時から養われていたんだと思った。


「うまい人の動きをよく見ること」


それで、そのうまい人が動いている時に

作動している脳の部分を、

「自分事」のように感じていたのだな、

ミラーニューロンのおかげで。


とある実験で、


ミラーニューロンを活性化する薬が開発されて、

それを投与してみたらしい。


はて、どうなるものか?


どうなるでしょう?


「あまりに他人への共感が高まり、

 他人の考えていることがお見通しになる」


ではない。


みんな一つの現象を体感したらしいです。


「幽体離脱」


みんならしいです。


他人への共感が高まりすぎて、

「自分の他人化」が起きたとさ。


なるほど。


スポーツ選手もたまにそんなこと言ってますよね。

(詳しくはこちら


スポーツは相手がいるから、

その相手の気持を考えていたら、

ミラーニューロンが活発になりすぎて、

「幽体離脱」っぽいことが起きる。


なるほどな。


この前の文章で、セッション中の感覚のことを

書いたけど、もしかたらミラーニューロンで

説明できるかもですね。


セッションのプラクティショナーとクライアントの

共感が高まり、ミラーニューロンが活性化されると、

まるで「幽体離脱」したような感覚になる。


僕は「天井から自分を見下ろしていた」っていうような

典型的な幽体離脱ではない。


どっちかというと、

「自分を少し後ろから見てる」感じ。


そんなに「がっつり離脱してます!」って感じじゃなく、

「ちょっこと離れてる」くらいな感じ。


普通の会話できるんですよね。

ありえない動き中も。


けど、めっちゃ集中しているような。


もし自分がプラクティショナーになったら、

どんな景色になるんだろう。


原理的には、

「あなたは私で、私はあなた」状態になるわけだから、

僕がプラクティショナー側でも体験するはず。


果たして、そんなんできるのかね。


ぬ~べ~でもあるまいし。


古いか。笑




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<とんとん。 | HOME | Why do you write your blog?>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/497-1a82d649

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。