RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

らしいっちゃらしい。

2010.05.15 Sat
木曜日の夜は、

日本からかんじさんというRolferの方が

来られていたので、みんなで食事に行きました。


あさこさんが、unit lllを終わった後に、

SourcePointのWSに参加していたのですが、

そこで一緒だったみたいです。


かんじさんは結構前にRolferになられた大先輩で、

僕のお世話になったヒロさんともお知り合いみたいでした。


お二人でSourcePointのWSを日本で開催することを

計画中のようで、そのお話もされにいらしたみたいです。


ぜひぜひ実現してもらいたいですね。






今回は、”Hapa”ってお寿司屋さんでのお食事会でした。


Boulderにはかなりの数の日本食レストランがありますが、

その中の一つで、若者に人気があるみたいです。




P1010830.jpg

上の2枚の写真のようなお寿司を食べればいいのですが、

僕は枝豆とか、揚げ出し豆腐を頼みました。笑


なぜなら、久しぶりにビールを飲んだからです。


神戸でお世話になった方々からすると、

「久しぶりってホンマ?」

ってなツッコミが飛んできそうですが、

ここBoulderではほぼ飲んでいません。


そりゃそうです、

勉強しにきているわけですからね。笑


でも、久しぶりに飲んだキリンさんがまたおいしいのなんの。

身体の芯まで染みました。


みなさんそんなに飲まないので、

遠慮なく飲まさせていただきました。


僕にはいくつかの飲み会の流儀が存在します。


それは、僕が飲み会のことを、

「たかが飲み会、されど飲み会」と

思っているからです。


飲み会での自分の在り方ってのを、

ものすごく考えます。


その中の一つに、

「大人数のお酒の席では語らない」

ってのがあります。


真面目な話はしたくないんです、お酒の席では。

というか、できないんですよね。


Rolfing、yoga、トレーニングなどの話や、

自分が真剣に興味があるものに関しては、

「大人数の」お酒の席では話しません。


お酒を飲むと、そういうものに対しての考えが、

甘くなってしまうんですね。


それを、僕の考えとは思ってほしくないので、

中途半端になるのが嫌で最初から話しません。


もしもそういう話をするなら、お酒なしで話したいです。


そこの誤解はどうしても嫌なんです。

この辺、かなりのA型です。


だからもしお酒の席で、

そういう話での誤解が起こると、

それを訂正しようと感情的になってしまって、

目上の人でも意見してしまうので、ろくなことありません。


やはり、お酒を飲むなら、

「みんな愉快に」が基本だと思います。


これも大切な飲み会の流儀の一つです。


そんな愉快なお酒の席の自分のことは、

例えどんな風に一緒に飲んだ方に思われても、

本当の自分だと思ってもらって結構です。


だから、お酒の席でギャーギャーやっている僕を見て、

「こんな人だったんだ」って残念がってもらっても結構です。

そのイメージのままに、普段から接してもらってオッケーです。


めちゃくちゃ陽気に騒いでいる自分も、

酔いつぶれてだらしなく寝ている自分も、

かわいい女性の店員さんにからんでいく自分も、

普段の僕の延長だと思っています。


「あれは忘れてください、僕はあんなやつじゃないです。」

って言い訳はしたくありません。


「飲み会でどう思われても、それが飲み会で自分が残した結果」

と思っています。


ここら辺で一応確認しておきますが、

「大人数では」語りません。


でも、「よっぽど信頼している間柄の人とだけ」なら、

語ります。


神戸にいるときは、本当に先輩方に恵まれました。


毎日のように2,3人で飲みにいって、語りに語りました。

よくケンカっぽくもなりました。


でも、次の日はケロッとしてるんですけどね。笑

本当にいろいろ迷惑かけました。


なんだか、

僕のしょうもない「飲み会論」になってますね。笑


まとめるとですね…


まずは「人数」で飲み方が変わってきます。


多かったら、「みんなイヤなことは忘れて愉快に飲もうぜ」モードになり、

少なかったら、「今夜は少し語ろうかな」モードになる可能性もあります。


そこを決めるのが、飲む相手との「信頼関係」です。


語るときには、

「思ったことをきちんと」言わないと、

相手の方にも失礼なので、

まだ相手のことをあまり知らなかったり、

自分の全部を預けられなかったら、

その時には「愉快に」飲みます。


語るときも、愉快に飲むときも、

どっちも「どっちも自分らしいっちゃらしい」です。


ということで、

木曜日の食事会というか飲み会は、

5人という、僕の中では「大人数」で、

初めてお会いするかんじさんがしらっしゃいましたし、

まだまだみなさんのことをしっかりは知らなかったので、

語りませんでした。


なので、「みなさん愉快に飲みましょう」って感じでした。


でもなぜか、

恋愛話はなぜか語ってました。笑

いや、「語らされた」かな。


恋愛話は語る項目ではないので、

陽気にいろいろしゃべってしまいました。


すいません。笑


そうしたら案の定、

飲み過ぎました。笑


語るは語ったけど、

自分が語りたいことではない事柄で、

しかも、

じゃあ、そこにいるみなさんが愉快に飲んでいただけるくらい、

面白い語りができたかと言うと…


近年まれにみる、中途半端な飲み会の自分でした。笑

情けない。




そんな飲み会だったので、

次の日には、

「僕ばっかりベラベラしょうもない話してすいません。」

って反省メールを送ろうとしたのですが、

もう何通かメールが来ていました。


「『つまらなかった』とかメール来てたらどうしよう。」

と恐る恐るメールを見てみると…




「3軒目で壊したテーブルの器物損壊賠償を立て替えておいたから」




「4軒目で周りのお客さんがあなたが未成年だって通報して、

 今朝も連絡あったけど、出頭はしなくていいみたい」




「えっ…」




「どういうこと…?」




本当に僕は、

お酒で数々の失敗を経験してきています。


その時には、

「特殊な」汗が出てきます。


まさか、ここBoulderでもかいてしまうとは、その汗を…




どこかで、

なんだかんだで、「めちゃくちゃ楽しかった」ってメールを

予測していたアホな自分が情けなくなりました。


頭は真っ白です。




でも、待てよ。


そんな記憶なくなるほど飲んでないと思うし、

「2軒目で終わりましょう」って自分が言ったような気がするし、

いくら払ったかも覚えてるし、

どこでみんなと分かれて、

帰り道に何を考えてたかも、

家に帰ってから何をしたかも、

全部覚えてるよな。


でも、


俺のことだから、

ケータイで呼び出されて行ったのかもしれない。


じゃあ、着信は?


やっぱりないよね。


もしかして「ドッキリ」?


でも、メールに警察とか書いてるし、

「ドッキリですよね?笑」なんて返信して、

本当だったらシャレなんないしな…


とにかく警察とのやりとりをしてくれた人に

謝るために電話かけて、これからどうするか

相談することにしました。




「おはようございます…」




「本当だと思った?笑」




「やられた…泣」




飲み会では中途半端でしたが、

ドッキリをしてもらって喜んでいただけみたいです。笑


「イジられ」役ってのはどこでも変わらないです。


でも、「イジってもらえるうちが華」だと思って、

「イジられ役」として一生懸命がんばりたいと思います。


Boulderのみなさん、

こんな僕ですがこれからも末永くよろしくお願いします。笑




そんな複雑な気持ちで迎えた金曜日は、

英会話の授業の後に、

クラスメイトのロシア人の友達とランチに行ってきました。




P1010831.jpg

ロシア人の友達が、

「ここがBoulderで一番おいしいと思うバーガー屋です。」

って紹介してくれたところです。




P1010832.jpg

中々おしゃれな感じじゃないですか?

僕の好きな、木と鉄の組み合わせでした。




P1010833.jpg

ロシア人の友達はは18歳で、

来年から東京の専門学校に行きます。


アニメーションの学校みたいで、

彼の作品や、彼に影響を与えた「日本のマンガ文化」について

いろいろ話すことができました。


彼は日本語ペラペラで、漢検2級持ってるみたいです。笑


僕の英語の練習のためにも、彼とは英語で会話しました。

でも彼の方が、思わず日本語が出てました、

なんでやねん。笑


他にも好きな食べ物は、「卵かけごはん」や、

「味噌汁(特に豆腐)」とか、

どっちが日本人だよって感じです、




P1010834.jpg

彼のおすすめのバーガー。


オーガニックの食材を使っているみたいで、

めっちゃそれぞれの味が濃くて、

すごくおいしかったですよ。


また行きたいです。


彼のお父さんもアニメーションアーティストみたいで、

僕にかなりの影響を与えた本の作者の方とも友達みたいです。

今度は彼の家に遊びに行こうかと考えてます。


本当にいい子だ。


彼には、

「昨日の、警察沙汰の後始末を先輩がした。」

っていうドッキリで、

変な汗をかくような大人にはなってほしくないです。笑


ならないか。




こんな感じで、


結局、Boulderに行っても、

大友勇太らしいっちゃらしい、

僕なのでした。




それでは。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<My first trip to Denver. | HOME | eTown concert @ Boulder theater>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/502-42032899

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。