RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

遡及的。

2010.05.20 Thu
今日のyogaは集中できなかった。


「こりゃ無理だ。」って途中で思ってしまった。


そうしたら「こりゃ無理な」イメージ通りに、

散々なクラスになった。


良くも悪くも、「想像はリアルになる」わけでした。


だからと言って、そういう時に「良いイメージ」に

切り替えれればいいかというと、

いいんだろうかな。


気持ちが強い人なら、「はい、今から集中!」って

切り替えれるのかもしれないし、

僕も「自然に」切り替えれる時もあるし、

今日みたいにうまくいかない時もある。


事の結果が出てから、

「そういえば…」って遡っていくと、

「悪いイメージをしていたら失敗した」し、

「良いイメージを持っていたから成功した」って、

観察されるかもしれない。


だから、「想像はリアルになる」ってのは、

間違ってはいないと思う。


でも、

「想像したからリアルになる」ってのはどうなのか?


「想像はリアルになる」って言葉を聞いて、

多くの人は、「だったら良いイメージをしよう」

ってなると思う。


明らかに失敗しそうなときでも、

「こんな時こそ、マイナスのことを考えなきゃいけない。

 ポジティブシンキング、ポジティブシンキング。」

って結果的に無理しちゃってる人もいると思う。


「あとあと考えてみると、想像出来ていたときはうまくいってたかもね」

ってのが本当かなと思う。


何も無理なく事が進んだときに、

「そういえば」って観察してみると、

そういう条件が見えてくる。


でも、そういう条件を整えたから、

その事が再現されるわけではないと思う。


何を言いたいのかと言いますと、

「なるようにしかならない」し、

同時に、

「想像はリアルになる」のじゃないかなと思います。


一見して矛盾しているこの二つが、

同時に存在する。


そんなもんじゃないのかなって思います。


だから、

「ポジティブシンキングにも毒がありますよ」

ってことに気づいてないと、

その毒に蝕まれてしまいます。


結構そういう人いるし、

「現象をクールに観察する態度」が

必要かもしれません。





でも、気づいたら自分が蝕まれている場合もあるし、

「自分を省みる」

のもなかなか難しいもんですよね。


囚われるのも人間の性だし、

その囚われから解放をされたいのも事実だし。


そうやって、その人の匂いというか、

佇まいというか、雰囲気というか、

そういうのが凝縮されていくのでしょう。


「様」になる大人になりたいです。




今日はもう一つyogaのWSもあるんです。


さて、どんな自分でいれるのか。


なるようにしかならないし、

想像はリアルになるし。




それではまた明日。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<そういうこと。 | HOME | どうぞよろしく。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/508-d04c2006

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。