RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

BOLDERBOULDER?

2010.05.30 Sun


何とか無事に10k走り終えることができました。


途中何度足を止めようと思ったか。

でも、周りのランナーに励まされて、

なんとかいけました。


いやー、よかったよかった。




ごめんさい。

嘘です。笑


今日はBOLDERBOULDERではなくて、

Boulder Creek Festivalに行ってきました。


BOLDERBOULDERはBoulder Creek Festivalの

最終日のマラソンイベンドです。


写真は、ダウンタウンにあったアディダスの

ブースで記念に撮ってもらいました。


みんな撮ってたので思わず撮ってもらいました。


みんなの興味に惹かれちゃうちゃうんですよね。


結局、iPadも日本が騒ぎ始めると欲しくなるし、

そういうとこお子様ですね。


今日のBoulder Creek Festivalにも、

みんな騒いでるので行ってきました。




P1020005.jpg

ダウンタウンでは、

至る所でストリートパフォーマンスをしていて、

子どもたちが真剣にパフォーマンスを見ていました。


いつしかそれに憧れて、この中から未来のパフォーマーが

育っていくことがあるかもしれません。


どこに子どもの夢が詰まっているかなんて、

予想できないですね。


僕も、まさかBoulderにいるとは思ってもなかったし、

子ども頃は、ブルドーザーの操縦士になりたかったのに。笑




P1020008.jpg

チューリップがきれいに咲いていました。


その花の匂いをクンクンする男の子。


自分の思い描く画が先にあるのかないのかは別にして、

目の前の「よくわからないもの」を接近していく。


そんで、アクションを起こして、

そのリアクションを観察する。


そうやってコミュニケーションの構造を学ぶ。


その流れは、

どんな流れで、

そして何が流れているのか。


結局は、小さい頃の、

「おもむろに目の前のチューリップの花の匂いをかぐ」

ような態度が大人になっても大切なのかな

最近感じています。




P1020007.jpg

ダウンタウンにはたくさんのブースがありました。

多くはスポーツ関係のブース。


5万人がランナーが集まってるわけですからね。




P1020009.jpg

Newtonって靴メーカーのブース。


鮮やかなカラー配色と、

独特のソールが特徴的です。


僕は履こうとは思っていませんが、

おもしろいアイディアだとは思います。


靴でも、

「機能を追加してくれる」タイプと、

「機能を引き出してくれる」タイプが、

あると思います。


ニュートンはどっちかというと前者かなと。


靴の動機づけというか、

意志というか、声というか、

そういうのがはっきりしています。


僕が好きなのは後者のタイプです。


アシックスの靴にはそういうタイプが

多いように感じます。


だから、自分が黙っていても、

全然声が聞こえてこないし、

進んでもくれない。


僕がどうしたいかってのを最優先にしてくれて、

それをサポートしてくれる感じです。


どっちがいい悪いではなくて、

好みの問題だと思います。




靴を眺めていて感じましたが、


アメリカの文化って、

「足す」

って感じで、

日本の文化って、

「引く」

ってイメージです。


大変大雑把ですけど。


今ある自分に、どんどん武器や、

防具を「付け加える」。


いつもまだ見ぬ新たな世界の存在を夢見てる。


そして自分たちで開拓していって、

新しい世界、価値観を創る。


そりゃ、革新的なイノベーションが多いはずだ。


「iPadは全く新しいジャンルを創作した。」


とか、そういう文句が好きなはず。


僕の分野の近くで言うと、


具合が悪くなると、薬を「足す」し、

手術は一見「引く」イメージだけど、

手術って行為を「足す」イメージかなと思う。


悪いとは思わない。


僕は、日本ではクリニックで働いていたし、

今の医療で、救われた人なんて数えるまでもないし、

その医療でしか救われないものがあるのは確かです。




日本は、「引く」。


どんどん引いていく。


最初に独創的なアイディアがあって、

その中のムダを「省いていく」。


だからまずはアイディアが、

たたき台がなきゃ始まらない。


だから、アメリカからそれをいただいて、

そんでできる限り「引いていく」。


引いて引いて、

最終的に何が残るかと言うと、

「自分」、「自分の身体」である。


自分の「今、ここ」をただ感じる。


そんな内向きの力が、

日本には働いているような気がする。


とにかく一歩進みながら、動きながら考えるのか、

一歩退き、全体を捉えてから動くのか。


どっちでもいいと思う。


好みの問題だから。




P1020017.jpg

普段何もないところに、

遊園地が登場。


アメリカっぽいなと思う。


みんなうれしそうに遊んでいた。

今日みたいな天気なら楽しいだろうな。




P1020019.jpg

公園内には、こんなおもしろそうなものがありました。


人間パチンコのように、

男の子がビヨンビヨン飛んでました。


いいなぁ。




遠くの方から、陽気な音楽が鳴り響いていたので、

てくてく歩いていると…




P1020025.jpg

みんな青空の下、

音楽でつながってました。


やっぱり音楽はいいですね。


Rolfingとかやってなかったら、

音楽業界に行きたかったです。




P1020024.jpg

メキシカンな音楽に、みんなノリノリ。


こういうイベントや、音楽を、

「自分たちから」楽しめるのは、

この国のいいところだなと思います。


日本のような、「ちょっと恥ずかしい」盛り上がり方ではなかったです。


ちょっと雰囲気は違えど、

「祭り」はどこでもワクワクしますね。


明日のマラソンへの気持ちも高まってきました。


でも、右足に体重かけると痛いので、

完全に歩き10kです。笑


歩くのも結構痛いんだけどな…泣


何やっても、一筋縄じゃいかないもんですね、

僕の人生って。


最初の写真が現実になるように、

右足とお話しながら歩いてきます。


それではまた明日。




Yuta

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<BOLDERBOULDER!!! | HOME | ”What??”>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/520-7d4cf4c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。