RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

06/28のツイートまとめ

2010.06.29 Tue
yutarolf

疑問の質。どれだけ、いろいろなことを不思議に思ってきたかの厚みによる。覚悟のないただの興味と、誰もいなくなってもずっと観察し続けれる好奇心。
06-28 14:04

大人は我慢できる人ではないと思う。自分らしい、他人に迷惑をかけない表現の作法を心得ていて、何も身体の中には溜まっていないのだ。それに気づかない人が、「まるで我慢しているかのように」錯覚をして見えているだけだ。
06-28 12:12

食事も、トレーニングも完璧にしている人が、少しでもそれが狂うと、自分を見失ってしまうのと同じだ。その人は強いと言えるのか?僕は、内田さんの言葉を借りると、「飢餓ベース」で生きていける大人になりたい。すべて失ったところから始めてみる。失うことをゆるせること。
06-28 12:11

完全に乗り越えたという人は、強い人ではない。臆病な人だ。少しでも昔に戻りそうになると、怖くなってしまう。それはもはや、自分の「乗り越えた」という思い込みに呪いをかけられているみたいなもんだ。うつの患者さんが、治りかけが一番気をつけなきゃいけないのはそこだ。
06-28 12:07

「私はトラウマを乗り越えました」という人がセラピーをする。それは消えるものではない。あるんだけど、許せるようになるんだ。なかったことにしてはいけない。それではトラウマが怒ってしまう。
06-28 12:05

「私はトラウマなんてない」という人が、トラウマを持っている人のセラピーをする。何だか僕は気味が悪い。そんなあなたは何者なのですか?
06-28 12:04

けど、脳が意識的に避けているものに、向きあうことはとんでもなく辛い。トラウマとはそういうものだ。トラウマは、忘れること、我慢することでは解決しない。解決されなければ、いつまでも見えないところから影響を与え続ける。トラウマは、誰にでも存在する。
06-28 11:54

人間、忘れたいものがあったことすら忘れている。脳がそれと向きあうことを拒むからだ。目の前にあるのに、見たくないものは無意識に、見ていない。脳が存在を意識しないと、物は存在しない。リンゴが目の前にあっても、脳が認識しなければ、その人の目の前にリンゴは存在しない。
06-28 11:51

Rolfingって、身体という自然を扱うから、自分と向き合うことになってくる。自分の本当に一番見られたくない裸の部分と向きあうことを経ないと、僕の憧れている人たちには近づけない気がする。「自分の問題」と本当に向き合えている人は、まずいない。みんな自分を心から嫌いにはなれないから。
06-28 11:47

何か大きな流れと、自分とが触れられたときに、その接点付近で何かが立ち上がっている。フロー状態で生まれる芸術などはその例だ。
06-28 11:41



それとこれとがどう関係するかなんて、うまく言葉じゃ説明できないけど、僕の中では一連のストーリーだ。うまい言葉で説明できてることが、逆に怖いと思う。うまい話には、何かがあるはずだ。
06-28 11:36

僕の好きな科学者たちにはファンタジーな世界観がある。それは暗いもんじゃなくて、すべてを照らすような光だ。
06-28 11:31

自分の根源的な疑問に向き合い続けたEinstein。僕は恥ずかしくて、向きあうことが怖くて、本の中にある練習問題を必死で解いている。先生はそれで褒めてくれる。本当に解きたい問題は何だ?
06-28 11:28

世の中虚ろだ。高校のときに覚えさせられた古典の歌を思い出す。
06-28 11:23

I rinsed rice and placed it in a rice cooker. I wanna eat Akita-komachi and wild vegetables that my father picks up.
06-28 10:07

Bill took off my room's windows just now, so wind can pass thorough my room. I feel easy.
06-28 09:30

I ordered a thinning scissors by amazon to cut my hair. In Japan, I liked to have my favorite hairdresser cut my hair and talk with her.
06-28 03:52

I can get more information from client's body than before, but I cannot be satisfied with feeling of my contact. I need more practice.
06-28 03:41

I talked with my friend who has just graduated from Chukyo University till four. The end of talking, I didn't understand what I said.
06-28 03:04

後輩がDenverに帰った。昨日は4時過ぎまで語り明かした。彼とは何年も前から、そうやって朝まで語り合っている。聞き上手な彼に、いろいろなことを学ぶ。
06-28 02:55

関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<6月28日。 | HOME | 06/27のツイートまとめ>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/558-9ce6ff54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。