RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

会ったことないけど、ずっとそばにいる

2006.05.28 Sun
「いつもありがとう。」


今日はじっちゃ(おじいちゃん)の23回忌があった。

僕はじいちゃんこだ。

尊敬する人もじっちゃ。

けど、じっちゃに僕は会ったことがない。

僕の生まれた時にはじっちゃはこの世にはいなかった。


よく小さな頃から、じっちゃの話を聞くことがあった。


「あんないい人はいないよ。みんなに好かれていた人だよ。」


そう、あまり家族のことをよくは言わない母さんが言った

ことを覚えている。


「ここら辺では有名な庭師だった。」

と、酔っ払った父さんがいろいろじっちゃのことを

話していたのも覚えている。



うちの家計は父さんを見ていても、外向きはすごくいいけど

うちに帰ってくると、特にお酒が入ると家族の評判が悪い。

(暴力をふるうとかじゃないですよ。酒癖があまりよろしく

ないということです。)

兄さんも酒を飲むと似ている。

そんなこんなでよく父さんと兄さんがケンカすることもあった。


最初は野放しにしておくが、最終的に止めにいくのが自分。

高校のときとかは、「なんでこんな家族なんだろう。」

と嘆くことも多かった。

(今では、自慢できる家族なんだなと思っています。)


そんな中で、誰もじっちゃのことは悪くは言ったことがなかった。

そんなじっちゃが僕の憧れだった。


「おまえはじっちゃの生まれ変わりだよ。」

と言われることがある。

決して、いい人という意味ではない。(残念ながら)


兄さんと自分は15歳離れている。

ということは、大友家にとっては、ひっさしぶりの孫である。

もちろんじっちゃは大喜び。

だって15年ぶりである。(なんかの記録みたいだな。)


けど、僕が生まれる76日前にじっちゃは亡くなった。

だから会ったことがない。

だから生まれ変わりと言われている。

それを自分は誇りに思う。


じっちゃのいろいろなことを聞き、「じっちゃに会いたい」

って思うことも何回もあった。


座敷の方にじっちゃの写真が飾ってある。

よくボーっとそれを見上げていた記憶がある。

なぜかはいまだに分からない。



今は、スピリチュアルなことが起きはじめて、多少神も

信じるようになったが、自分は専らじっちゃを信じる。


よく寝る前に、真っ暗にして、次第に目が慣れてきてから

いろいろ考え事をすると、「瞑想」として、ブログに

書いた記憶がある。

そのときに実は、じっちゃとも話している。

というよりも、一方的に僕がじっちゃに話している。

別にそれで返事が返ってくるわけでもない。

会話とかはしていない。


「好きな人ができました。○○という人です。

なんとか○○さんと付き合えるようにお願いします!」


「明日は大事な試合です。絶対ヒット打てるようにお願いします!」


小さいときから、願い事があるとき、悩みがあるとき、

緊張するときなどは、じっちゃにお願いする。

今でもなにかあるときはお願いする。


そうすると、ほとんどの願いは叶う。

かなりの確立である。

叶わなかったことの方が覚えているくらいだ。



そんなことしてたら、「オーラの泉」と出合った。

「守護霊」の話が妙に自分に反応した。


今までは、「守護霊」と聞いても、「幽霊」のイメージで

「とりつかれている」という感じしかしなかった。


それを見た瞬間に、「自分の守護霊は絶対じっちゃだ!!」

って感じた。

ほぼ間違いないと思う。


ずっと後ろにいて、見守ってくれていたと思う。

そして、寝る前のそのときだけは向き合っているのでは

ないかと根拠もなく感じる。


ずっと、叶えてもらってばっかりで、もらっているばかり。

これではバランスが悪い。

「じっちゃが守護霊だ。いつもそばにいる。」

と、気づけたことが唯一の僕がじっちゃにできたことだと思う。



これからも進むしかない。

確実に、楽な道じゃないことは分かっている。

けど、確実に一人じゃない。

いつもそばにいてくれる。

会ったこともない、あなたがいつもそこに。

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<BOZE | HOME | 古(いにしえ)>>

いいですね。見えない何かを信じることができるなんてすばらしいです。というか信じられる何かがあることが自分からしたらうらやましいのかもしれません。それが将来の夢だったり誰かのためだったりとにかく何であれ、自分の『芯』の1部になって前に進む糧になっている人は強いと思うんですよね。

今の自分にはないもんですから笑。最近色んなところでぐらついてばかりです。S&Cコーチでしたか、自分にも明確な目標があれば何でも頑張れる気がします。でもそうではないため以前よりふわふわした毎日送っています。つくづく思いました。信じる何かがあるって重要なことですね。心底強い人になりたいと思った今日この頃です。
- | Kan | URL | 2006.06.15(Thu) 01:10:36 | [EDIT] | top↑ |

Kanさん
コメントいただきありがとうございます!
じっちゃは一方的に信じられて迷惑しているかもしれません。笑
けど、確実に前に進む糧にはなっています。会ったことないんですけどね。

僕もちょっと前まではいろいろと悩んでふらふらしていました。必死でその自分を肯定してあげようと必死でした。けど、周りから見ていたら分かるんですね、無理していると。

けど、ある出来事を境に迷わなくなりました。もう自分の気持ちはなんとしても動かないと思います。そこからはいろんな意味で強くなれたと思います。

最後に、失礼なのですが、Kanさんは僕のお知り合いの方ですか?
もしよろしかったら僕の名前をクリックしてメール送っていただけたら幸いです。
- | 大友 勇太 | URL | 2006.06.16(Fri) 03:08:21 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/56-ce8c67f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。