RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

君は、僕が変わったと言う、僕も、君が変わったと言う、それから。

2010.07.23 Fri
僕は、人は変わらないのではないのかなと思っている。


確かに、細胞レベルでは、人間の身体は何年かすれば、

全く別の身体に入れ替わる。


でも、何年かぶりに会った友人は、

僕のことを「勇太」と呼んでくれる。


あの頃とは、髪型も違うし、着ている服の感じも違うし、

飲む酒が違ったりもする。


興味の対象が違っていたりする。


でも、それはお互いに変わってしまったのかな。


自分を変えたいと言う人がいる。


僕も昔もそう思っていたし、

ちょっとへこんだ夜なんかには、

変わりたいなと思うこともある。


けど、変わることにとらわれ過ぎて、

素直に奥のほうで感じることがおろそかには

なっていないのかな。


僕はそうだった。


変わったと思っていた。


強くなった、大人になった、

と。


でも、一枚ずつ薄い皮を剥いでいったら、

まんなかにいたのは、

何も変わらない僕だった。


変わったと思うことで、

見えてきた世界がある。


変わったと思うことで、

見えなくなった世界もある。


どっちの世界が大切だなんてわからないけど、

僕は、大事なものは昔にすべてあったような

気がしている。


いろんな人が、いろんなことを言ってくれる。


聞くも聞かないも、そんなのに浸されていると、

変わることを要請されているような気分になる。


変わらなきゃ。


変わらなきゃ。


世界の空気が、

僕に変化を求めてくる。


もし、変わらなきゃいけないのなら、

僕は、昔を思い出すことにする。


もうすでに、手に入れていたもので、

なんとか生きていこうかと思う。


それで、変わったねと言われたら、

それを僕の変化にしようかと思う。


僕はここにいる。


変わらずここにいる。


私は変わったと、似合わない服を着ている人がいる。


その服もそのうちに似合ってくるのかもしれない。


そんな人を見て、ふと懐かしい友を思い出した。


僕のことを、変わらず「勇太」って呼んでくれればいいな。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<07/23のツイートまとめ | HOME | 07/22のツイートまとめ>>

no subject

初めまして。この記事読んだら、何というか・・・表現しづらいけど、見失ってたモノ思い出せる気がした。 ありがとう。こういう考え方ができるのってちょっとうらやましい。
YOiJM49g | hope.i | URL | 2010.07.25(Sun) 06:39:27 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

hope.iさん、

はじめまして。こんなブログにコメントいただきうれしいです。

ストーリーも含めて、自分を変えていくのならいいのですが、誰かが変わったからといって、無理に変わろうとするのは、自分のストーリーに沿っていないですからね。

自分だけの季節みたいな、流れはありますから、冬の日には冬の日の楽しみ方があるはずなので、そうやって過ごしていると、自然に変化豊かな春はくるんではないかなと思っています。

ありがとうございました。
- | 大友 勇太 | URL | 2010.07.26(Mon) 10:41:39 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/589-5557835b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。