RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

自分の役割

2006.06.01 Thu
「自分にできることは何なのか?」


昨日も同じようなことを書いたような気がします。

最近そのことをすごく考えるようになったからだと思います。


ただ自分が好きなように暮らしていたら、

自分の幸せだけ願い生きていたら、

自分はもったいないと思っています。


せっかくこの世に生まれてきて、この世に生かされて

いるのなら、なにか恩返しをしなければいけない。


せっかくこの世に生まれてくるのなら、もっとこの世の中に

生きている人達みんなが幸せになれれば、結局その幸せは

自分のところに戻ってきて、もっと自分も幸せになれると思います。


自分がせっかくS&Cコーチという職業に関して

人よりも少しできるのなら、それを通して、今の

世の中が少しでもよくなることを考えていきたい。



今、自分がいる体育教官室の先生方を見ても、そう思っている

人は少ないような気がします。

(中には、真剣に考えていらっしゃる方もいると思いますが、

なるべく自分が感じたことを素直に書きたいと思います。)

それは、あまりにも自分が大学生活の中で、熱い志を持った

すばらしい方々にお会いできたからだと思います。


どうしてもそれがスタンダードな気がして、体育の先生方を

見てもそれが伝わってこないんです。


確かに人間性は本当にすばらしい先生方です。

僕が緊張しているだろうと、いろいろ笑わせてくれたり、

困っていることがあると、一言さりげなくかけてくれます。

そういうことに関しては、自分はあまりできていません。

まだまだです。


けど、「体育教師」として見ると、体育館だけ貸して

休み時間の延長みたいな感じです。

「それじゃ、バスケ、バレー、卓球、バドミントンの中から

好きなやつをやって。」

特に計画は立てていないので、毎回行き当たりばったりな

指導に見えます。(要はテキトーな感じがします。)


中には、「この高校は進学校だから、いつも勉強でストレスを

感じている。だから、体育くらいは縛らないで、自由に

思いっきり身体を動かさせてあげよう。」と、思っていらっしゃる

先生もいると思います。


もし自分だったら、あくまで自分は体育教師をしないので

理想論を書きますが…

①コーディネーションTr

あえてできないような、考えるような動きをさせて

それができるようになるときには、脳にすごい刺激

が入ると思います。

それが勉強する脳にいい刺激になればと思います。


②自分で課題を見つけ、対策を考え、実行して乗り越える

ただやるのではなく、「なんでそれができないのか?」を

自分で考え、そして「どうすればいいのか?」と対策を練り、

そして実行して、自分でそれを乗り越えるように促す。

そうすることで、自分が受験勉強するときにも応用できて

「自ら学ぶ力」がつくのではないかなと考えます。


③自分の身体を整える

大学に来て思うのは、自分の身体も動かす機会が少なくなり、

身体が不健康になったりします。

そうすると、勉強にもぜんぜん身が入りません。

まずは「身体」が基本だと思います。

体育のときに、互いに姿勢チェックなどをさせて、それで

アドバイスを加えながら、自分で自分の身体をコントロール

していけるようになればいいなと思います。


自分は3つほどしか思いつきませんでしたが、進学校の体育教師

だからこそしなければいけないことは、まだまだあるはずです。



「自分ができることは何なのか?」

一生考えていくような気がします。

答えはあるのでしょうか?



行ってみなけりゃ分からないですよね。

とりあえず今日も一歩。
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「誰か」 | HOME | 違いの分かる男>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/60-3ac26a0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。