RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「声」

2006.06.04 Sun
「地方大会初戦敗退」


ノッカー大友。

見事に手のマメを3つつぶしてきました!

よくわかんない場所がなぜか筋肉痛です!

そして、よくわからない疲労感!


今日も元気に一日練習です。笑



昨日言い忘れましたが、この週末は上級生が試合に

行っているので、下級生が中心の練習でした。

下級生にとっては、高校に入って始めての

「自分たちのための」練習です。


今までは「先輩たちのため」にボール拾いをしたり、

声を出したりしていました。


今日は主役になれる日です!


練習が始まりました。

しかし、コーチから集合の合図が。


「今日はおまえらが初めて主役になれる練習なんだぞ!

なのになんだこの声は!」


僕も感じていました。

僕が同じ状況だったら、確実に声がかれるまで

テンション上がりっぱなしで練習しています。


なのにこの子らは全然声が出ていない。

しかも中身がない、「さぁ、こーい!」の声。


野球というのは、「間」があるスポーツだと書きました。

だから間の取り方で流れが変わります。


高校レベルだと流れに乗ったもん勝ちです。

あまり技術の差なんかは出てきません。


自分たちに流れを持ってくるのが、「声」だと思います。


自分たちで声を出し、雰囲気を作る。

エラーして間が悪くなる前に声をかけ合う。

ベンチからも元気のいい指示が出る。


野球には間違いなく「声」必要です。


自分はかなりそれを意識していました。




自分たちのチームは、今のチームに比べたら

全然技術なんて叶いません。

だからこそ、「チームワーク」が重要になってきます。


自分はショートというポジション柄、全てのプレー

に関与してきます。


なので、だいたいどのポジションが、どう動くかというのは

把握しています。

しかも、練習中に他のポジションのやつが注意されたことも

覚えているようにしていました。


そして試合の時には、たとえばファーストが無死一塁のときに

バントに対してのダッシュをしないと怒られていたのなら

その前に、「ファースト!ダッシュ忘れんなよ!」

っていう風にいろんなポジションにあらかじめ声をかけて

確認をしていました。


練習中でもそうやって声はかけ合っていたし、周りもすんごい

うるさいくらいだから元気はありました。



今のこの子らは、主役になれるこの環境でも全然です。

もったいないなと思いました。

だってすごくうまいんです。

才能をすごく秘めているのに…



相手のことを考えて声を出してあげること。

思いを声に出してあげること。


技術的なことなんて忘れましたが、この野球で学んだことは

一生忘れないと思います。

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<迷探偵? | HOME | ヘイ!ノッカー!!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/63-fe1a57da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。