RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

涼しくなった。

2010.09.03 Fri
おはようございます。


昨日は、三日月の明るさと、

裏庭の水の音と、

自分のからだの居心地の悪さで、

何だかよく眠れませんでした。


眼、そして頭の使いすぎですかね。


大したことしてないのですが、

僕のCPUは古い型なので、

すぐにアップアップになってしまいます。




最近は、なんだかいろいろありました。


まずは、unit1のクラスメイトのRobynとの再会ですね。


彼女は、SFにいるはずなのに、

旅の途中で「Boulderいるよ」ってメールが来て、

そんで、月曜日に会うことになりました。


日系アメリカ人の彼女は、

見た目はけっこうな日本人ですが、

流暢な英語をしゃべります。


当たり前ですけどね。笑


その日は、まずは僕のSkillful touchのクライアントになってもらい、

セッションをさせてもらいました。


彼女自身が、感受性豊かな人なのか、

ワークしようと手を置くと、

中でウネンウネン動いていました。


最近、ウネンウネン系の人が多く、

ちょっと間違えると僕が酔っちゃいそうになるんですが、

ゆっくりのんびりしたストロークにしてみると、

そんなに問題にはなりませんでした。


そのウネンウネンの波が、

一つの方向を向くと、

ワークしている以外の場所が反応したりして、

「人間のからだっちゅうもんは、おもしれーなぁ」

って思ったりしています。


セッション後は、本当はSushi-Toraさんで、

「はまちかま」をいただきたかったのですが、

その日はあいにくの定休日だったので、

またしても有無に行ってきました。


そしたらそしたら、Jimさんがいらっしゃいました。笑


最近、本当によく街中でJimさんにお会いするので、

今度セッション受けてみようかと思います。


Robynと目一杯日本食を注文して、

たらふくいただきました。


食べるのがメインだったので、

あやさんには、「今日は飲まんの?つまらんなぁ。」と、

チクチクされてしまいました。


たまには、いいでしょ、そんな日があってもね。


なんとなく予想はしていましたが、

案の定、有無の方々に「彼女か?」といじられ、

「有無には彼女は連れてきません。笑」

と言っておきました。


Robynと話をしていると、

どうやら、unitが終わった後に旅をしていたらしく、

いろんな所の写真を見せてもらいました。


iPhoneのカメラもきれいだと思うのですが、

Robynはとてもセンスがよく、

「はぁ」とため息のつくような写真ばかりでした。


その中で、Montanaの写真がとても響きました。


そしたらやっぱりその後、街の何気ないところや、

インターネット等でMontanaさんを目にかけるので、

次の旅はそこかななんて思っています。




続いて火曜日の夜には、

有無でたまたまお知り合いのなったむつこさんのご紹介で、

10名ほどのパーティーに参加させてもらいました。


実は、むつこさんにお会いしたときには、

めっちゃくちゃ酔っていたので、

むつこさんが何をされている方なのか、

失礼にも存じ上げませんでした。笑


CUで研究をされている方みたいです。

ちなみに、僕のゼミの先生である、湯浅景元先生も知っていました。


そういうわけで、パーティーのメンバーは、

ほとんどは日本人の方々だったのですが、

素晴らしい頭脳の持ち主ばかりでした。


いやー、僕みたいな感覚人間には居場所がなかったですね。笑


みなさん、修士、博士、またはそれ以上の方々で、

そしてまた研究分野も違い、

すごくいろいろなお話を聞くことができました。


とてもじゃないですが、僕は海外の大学院には入れないですね。

今でアップアップですから。


アカデミックには憧れはありますが、

どうも「研究室で…」ってのがハマらないので、

僕は、好きなところで、好きなことを、好きなだけ勉強したいと思います。




ちょっと勉強するには暑すぎたBoulderの夏ですが、

9月に入り、Boulderは急に秋の顔になりました。


空や、木々がとてもきれいな季節です。


のどかです。


P1030408.jpg

Judyさんは、鶏を飼っていて、

先日、僕にその鶏たちを見せてくれました。


家の向かいにいます。


かわいいたまごを産んでくれるらしく、

とても楽しみにしていました。


平和な日々です。




P1030411.jpg

外にいた方が気持ちがいい季節なので、

裏庭でぼーっと雲を眺めていました。


秋の雲は、いろいろな表情があり、

今回のは、じっと止まっているようで、

なんだか画のようでした。




P1030412.jpg

ピタっと止まってます。




そして雲が止まっていたこの日には、

またRobynとSkillful touchの練習をして、

その後に、Chautauquaって場所まで行ってきました。


「自転車で行けるよ」って言われたので、

二人で自転車こぎこぎ。


確かに、自転車で行けるんですが、

常に上り坂。


なかなかきつかったです。




P1030413.jpg

そして丘の天辺にあったのが、ここ。


やはり雲がきれいでした。




P1030414.jpg

いつもは雄大にそびえ立っているFlatironsが、

こんなに目の前にありました。


そして、写真はないのですが、

Boulderの街並みもきれいに見えます。




P1030418.jpg

そして、お目当てがこのシアター。

とても歴史がありそうなシアターでした。


そこで、Silent Movieを初めて観ました。


セリフのない映画なんて何が面白いのかとは思っていましたが、

なんと映画に合わせて、音楽を生演奏するんです。


また、その音楽がとてもいい。


ピアノ、バイオリン、チェロ、クラリネット、トランペットの構成で、

映画の抑揚をつけます。


“The Italian Straw Hat”


最近は、情報がとても多いですから、

Silent Movieはおすすめですよ。




P1030419.jpg

木のいすがまたいい感じです。




そして、昨日は偶然カフェで話しかけられた、

Gwen Bellさん(HPはこちら)とお食事に行ってきました。


カフェで、話しかけられ、そんで、すぐに食事ってのがアメリカっぽいですね。


なんだかこのGwenさん、ただ者ではないらしく、

こちらにそのことが書かれています。


しかも、話をしてみると、

なんとかなりのご近所さん。


ほんの数件先です。


いや、人生って何が起こるかわかりませんね。


すごく緊張したのですが、とても優しい方で、

僕自身もリミッターを外しやすく、

今までで一番自分らしく英語で話せたかと思います。


文法とか、そんなんはめちゃくちゃですけどね。


「なぜロルフィングをするのか?」の結構奥の方から、

「日本の整体と近代西洋医学」を経て、

「お遍路とロルフィングの共通点」まで話しました。


お酒の力がないと無理でしたね。笑


そして、僕の嫌いなカラオケまで連れて行かれそうになりました。


すごくスマートな女性ですが、

同時にとても優しい方なので、

また食事というか、

しっかりと飲みに行きたいと思います。




さて、あまり眠れなかった今日は、

Craniosacral Therapyを受けて、

明日はSkillful touchのセッションを、

初めてbodyworker以外にさせてもらいます。


8月は遊んだので、9月はそこそこがんばっていきます。




みなさんにとっても、実り多き秋を願って。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<すべてへともどる。 | HOME | 空、語りはしないけど。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/636-47254d23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。