RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

リハビリ中。

2010.09.28 Tue
アメリカに来てから、

MacBookさんとの触れ合いが、

ちょっと行き過ぎてたかなと思います。


わかってはいたんですけどね、

かまいすぎだなって。


けど、かなり優秀で、かわいいやつなんですよね。笑


僕は、何事も、

「果てまで行ってみないと、何が起きているのかわからない」

と思っています。


自分の足で歩いて、そんで自分の眼で確かめる。


だから今回も、

「MacBookと一日中向き合うのは、ちょっとね…」

と思いながらも、とことんまで行ってしまったのでした。




人は、

プラスの方にずーっといたがる人と、

マイナスの方にいてしまう人がいると思います。


プラスは、すごく上昇志向で、

言ってみれば「ポジティプシンキング」ですかね。


マイナスは、その反対なので、

イメージしやすいかと思います。


どちらも「端にいる」ってことに関していえば、

変わらないんじゃないかなと思います。


でも、

中には、どちらでもなく「まんなか」の人もいます。

なんかポーっとしてて、流されないっていうか。

(あえて、まんなかの点にいたがる人もいますけどね。)




じゃあ僕は言うと、

「行ったり来たり」な人だと思います。


めっちゃプラスの方にガーって行ったかと思うと、

マイナスの方にガツンと下がっちゃう時もあります。

まんなかにじーっとしてることもあります。


「不安定に安定している」という変な感じです。


平均すると、まんなかくらいなんですけどね。


けど、先程書いた「静的なまんなか」と、

僕みたいな「動的なまんなか」はちょいと違ってきますね。


忙しい人です。


だから、

「昨日までめっちゃ明るかったのに、今日はめっちゃ暗いね」

ってことが多々ありますし、

でも、

「結局、勇太だね」ってところに落ち着きます。




昔からなのですが、

新しく興味のあるものに出会うと、

「そいつがどんなやつなのか自分になりにわかるまで」

ひたすらこだわります。


例えば…


コンビニでおいしいプリンに出会うと、

アホみたいに毎日食べ続けます。


いい感じのカフェに出会うと、

毎日通い、毎日同じもの頼みますし、

靴を買うと毎日履きます。


恋人が出来ても、

毎日会います。


「これはいったい何なんだろう?」

って子供好奇心の延長みたいなことをしています。


そうやって、

「自分が眺めているものの、奥の奥まで知る」

のが好きなんでしょうね。


言い換えると、

「果て」を感じたいのでしょうか。


だから、”Hello again”に、今でもハマってるのかな。




なんとなく最近、MacBookというか、

ネットというか、

そんなものの果てが感じれてきました。


mixi、Facebook、Blog、Twitterなどなど、

一通りのことをしてきたのですが、

「まあ、ほどほどにだね」って感じになりました。


それまでは、一日中、MacBookと見つめ合ってました。


朝起きたら、

布団から出る前に、MacBookを開き、

メール、Twitter、Facebookなどのチェックをします。


そこから派生して、いろいろなWebsiteを見てると、

あっという間に午前中が終わり、

午後はカフェに移動します。


カフェでも、Twitterでつぶやいたり、

ブログを書いたりしているので、

ずっとMacBookです。


家に帰ってからも、寝るまでの間は、

日本の番組をMacBookで観るので、

ずっとです。


完全に中毒ですね。


でも、僕の性格からして、

「確かにパソコンに釘付けになって、一日中向き合ってる」

っていうのはどうかなって思っていたのですが、

「自分で体験もしていないのに、いろいろ言う筋合いはない」

とも思っていました。




僕は、

「自分が体験したものに関しては、意見できるが、

 そうでないものに対しては、何も言えない」

というのが、基本スタイルです。

(たまに体験してないのに、あーだこーだ言う時もありますがね。笑)


だから、自分が何か言いたいことがあるのならば、

徹底的にそれを感じます。


そして、「自分の言葉で語れる」までになったら、

初めて意見を言います。



逆に、僕はタバコは吸わないし、

ドラッグもしないから、

「やりたかったらやったら」って思います。


体験してまで、意見は言いたくない部類です。


「好きならどうぞご自由に、

 自分で迷惑かけずにやるならいいんじゃない」

って感じです。


というわけで、

「パソコン中毒」もいけないなとは思ってましたが、

とにかく使いまくりました。




そして、最近ふと、

「よし、そろそろ距離を取ろう」と、

自然に思えました。


進路変更の時が来た感じです。


こういうのって、時が来ないと、

何をしようともダメなんですよね。


うつで悩んでる人に、

「悩みすぎだよ」って言っても、

それがすんなり入ってくる時と、

「それができたら苦労しねーよ」って時があると思います。




そういう時が来たら、自然にそうなります。




なので、最近はめっきり止まっていた、

読書と、moleskinノートへの書き込みが再開されました。


少しずつ、「何でもない間」が持てるようになってきました。




果てまで行こうとするので、生傷は絶えないですが、

またゆっくりした時間、本、ノートを通して、

自分を見つめていきたいと思います。


悪いと言われてても、良いと言われてても、

所詮は、自分以外の他人が言ってることですから、

「自分で感じてみる」ってのが大事かもしれませんね。




まだリハビリ途中なので、文章が軽くて、

フワフワしてますが、あえて残しておきます。


もっとマシな文章をかけるようにがんばります。


では。




Yuta

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<静かになった。 | HOME | そろそろ真面目に。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/644-786a833e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。