RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

光を含んだ闇。

2011.01.03 Mon
昨年は、なぜかわからずに急いでいた。

何に向かって急いでいたのかもわからない。

夢のアメリカでの生活が始まった、

しかもBoulderなんて素晴らしいで。

素敵なカフェに毎日通い、

忙しく暮らしていた。

今思えば、

そんな時間の中で、

今までの時間をかけて大きく見せていた自分を、

まんなかに向かって掘り進み、

そして、そこにあったのは、

きらきら輝く小さな宝石のような自分じゃなくて、

なんだか厭な、どろどろした

ちっぽけな自分だった。

そんな事実が信じられなくて、

しかも、そんな自分なのに、

誰かに励まされたり、

褒められたりすると、

余計に痛かった、

傷口を直接触られるようで。

そしていつからか、そこから目を反らすようになった。

必死に必死にまんなかから逃げようとすればするほど、

どんどんまんなかの自分に引きこまれていったように思う。

でも、そんなよくわからない2010年だったけど、

少しだけ分かってきたこともある。

それは、光にはグラデーションがあり、

その分だけ闇にも深さがあること。

深く深く闇に沈んでいったからこそ、

闇にもいろんな闇があることも知った。

そしてどんな闇にも、光が含まれていることも知った。

単色な、きらきら眩い光も素敵だけど、

時に、光は人を傷つけることもある。

逆に、闇が優しく人を包んでくれることもある。

最近、他人のことをよく考える。

いろんな人がいるから、いろいろと考えさせられる。

そして、昔は他人のこと考えてるようで、

自分のことを考えていたことに気づいてきた。

今は、他人のことよく思う。

他人のことはコントロールできない。

だから、大変なこともあるけど、

他人も悪いものではないと思う。

迷惑かけることも、かけられることも

いいじゃないかと思う。

2011年は、2012年へつなげる年。

人から人へ。

僕からあなたへ。

そんなことをJUJUの声を聞きながら思いました。

やさしさで溢れたらいいのにね。

P1030469.jpg

だいぶ昔に撮りましたが、好きな写真です。




では。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ジャージャー麺でも食べながら。 | HOME | Back to Basics 2011.>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/675-991c7643

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。