RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

"Where am I?"と、その周辺のこと。

2011.01.16 Sun
週末に宿題がありました。

三つの記事を読んでこいと。

合計で20ページちょい。

しかも結構びっしりと。

本当にreadingの練習をしといてよかったです。

おかげで何とか終わりました。

お昼過ぎから始めて、7時過ぎまでかかりました。

ネイティブのみなさんには簡単でしょうけどね。

そんでもって、内容も結構ヘビー。

脳の認知とかの話とか、人が人を癒すことに関してとか、

元々、そんなことばっか考えてるから、

そういった関連の文が好きだから、

なんとかついていけたけど、

ふーって感じです。




一つは、ロルフィングの生みの親のIda Rolfさんの

科学者としての背景を、中世ヨーロッパからの

科学史からの文脈を含めての解説でした。

正直、Ida Rolfさんの話自体は2割ほど。

結構タフだった。

おかげで、なぜIda Rolfさんが、

ロルフィングを始めたのかが、

少しだけクリアになりました。




その他の二つは、雑念する「からだ」の最近の記事

(2010年12月4日と2011年1月10日)みたいな内容。

この辺で扱われてる内容を、

普段から一日使って考えたりしてるから、

「うーん」ってうなりながら、

なんとか読み進めていきました。

日本語でも、すーっと読んじゃって、

「なるほどね」って捉えるのは簡単ですが、

しっかり自分事として一文ずつ捉えていくのには、

頭をフルに使いました。

これは宿題として消化するのはかなり大変でしょう。

かなり長いスパンで考えていかないと。

「わかった気」にはいくらでもなれるような内容でした。

けど、自分が普段から興味を持っていることと、

かなりリンクしてたので、

「こんな感じで進んでいけばいいんだな」って、

なんとなくインストラクターの行間は読めた気がします。




Anyway、もう頭が限界です。

英語でも、この辺のことを考えれて、

この辺のことを話せたらおもしろいんでしょうね。

でも、僕の英語レベルは三歳児ほど…泣

悔しいですが、明日からも地道にがんばりましょう。




2004年8月 クレーマージャパンATワークショップinジョージア大学 065

初めてアメリカに来たとき、この時20歳。

この頃は、何考えてたのかな?




では。




Yuta

関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<加工されたものに慣れ過ぎて。 | HOME | 風と共に。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/687-6212a24c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。