RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

初動負荷な一日

2006.06.10 Sat
「なんでまた秋田なの?」


自分がS&Cを目指した理由の一つに

「トレーニングが好きだから」

というのがあります。


高校のときにもっと野球がうまくなりたくて

本屋でたまたま見つけたのが、近鉄→ロッテ

→メッツ→…とS&Cコーチで渡り歩いた

有名な方の本でした。


そこからトレーニングに興味を持ち、よく部活が

早く終わったときなんかは立ち読みをしていた

記憶があります。


そんなたくさんの本の中に、「奇跡のトレーニング」

と書かれている本がありました。


そうです。

「初動負荷トレーニング」です。


大好きな尊敬するイチロー選手がやっているトレーニング

ということで、見ようと思ったのですが、ページの多さと

難解な内容に断念しました。




大学に入り、トレーニングのこと勉強していると

またしてもその本に出会いました。


本を読んでみると、勉強している人はわかると

思いますが、結構過激なこと書いています。

(トレーニング業界で常識とされているものが

この本の中では非常識にされていたりすることです。)


しかも実際に初動負荷のメッカまで行って

指導を受けてきたやつに話を聞いていく中で

「言いたいことはわかるけど、全てがそれだけで

うまくいくとは限らないでしょう。」

と、自分の中で一つ考えであって、それが全てでは

ないだろうと感じていました。


そんな中、その新しい本が発売されたので

読んでいくと、「初動負荷トレーニングが行える施設」

の中に、秋田の文字を発見しました。


全国に5箇所くらいしかない中のひとつが秋田にある。


帰省がてら行ってみることに。



正直、「初動負荷教」みたいな感じで、「初動負荷こそ

究極のトレーニングなんです!」なんて話をされるの

かと思っていました。

期待はしていなかったのです。


中に入ってみるとスタッフの方が3人いました。


1人の女性スタッフが実際にトレーニングを

行っていました。


見た瞬間に生意気に「この人できる」と感じたのです。

動きに初動負荷のイメージが出ていました。

動きに明確な意思が感じられたからです。


早速話しかけてみると、やはりその直感は正しく

よく勉強をされていて、考えられてて、一番は

「初動負荷も数ある中のひとつの考え方だ」

という考えをもたれていたことでした。


まさか初動負荷のスタッフに、ここまで広い視野で

けど、初動負荷のことは極めている人がいるなんて。


秋田で思いがけずにこんなに熱い人と

出会うことができて興奮しました。



それから愛知に帰ってからも、ちょくちょく

情報交換をしていました。


今回秋田に教育実習で帰るのでご飯でも食べながら

ゆっくりお話しましょうと約束をしました。



なんかこういう人って、初めて会った

気がしないんですよね。


それでいて話が合うんです。


「それ、わかるわかる!」



明らかにお互いが高まっていっているのが

感じられます。


すごく心地のいい時間です。


今日もかなりいいディスカッションができました。

大満足です。


こんなビビッてスピリチュアルを感じれる出会いが

もっともっとあったら幸せだなって感じます。


これからも人と接する時は、

「感じるままに、気の向くままに」

を心に置いていきたいと思います。


今日も素敵な出会いに感謝!
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<本気(マジ) | HOME | のどかな一日>>

お久しぶりです!JALの太田です!僕もこの間初めて飯を食いに行った友達に対して同じようなことは感じましたよ!こう、考えている事が全く同じで、向こうから僕の頭の中で考えている事をそのまま向こうの意見として言われたことがあったんですよね!あういうのには本当ビックリですね!!
paPHq.VE | とおる | URL | 2006.06.28(Wed) 20:36:53 | [EDIT] | top↑ |

太田さんへ

コメントありがとうございます。最近いろいろと体験して、少しばかり成長したと自分で思っているので、今度ゆっくりお話してくださいね。多分太田さんとの会話はそのような会話になると思います。そういう会話って楽しいんですよね。お互いをつぶそうとしているんじゃなく、お互いを高めあってる。今度お会いできることを楽しみにしています。
- | 大友 勇太 | URL | 2006.06.28(Wed) 23:39:13 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/69-1dbede17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。