RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

あと、3週間です。

2011.02.13 Sun
今週末ものんびりとゆっくりとできました。


木曜日には、授業後にワインを飲んで、

そこにはRayも来てくれて、

Rayの昔話も聞けたんだけど、

周りがざわざわしてて、

なかなか聞き取れんかったなぁ。


せっかくいい話をしてくれているので、

少しずつ、地道にリスニング能力を高めていきたいです。


金曜日は、John Chittyさんっていう、

Colorado School of Energy Studiesって学校で、

Craniosacral TherapyとPolarity Therapyってのを

教えている先生のセッションを受けました。


Johnのセッションは大好きで、

RayとJohnみたいなセッションができたらなって

憧れている人です。


相変わらず、こちらが何か話さないと、

何も聞いてきません。


全てお見通しな感じです。


一応、最近のことを話したら、

「あなたが気になっていることを話しているときに、

 左手で胸を押さえていたね。」

と指摘されました。


確かに、左が気になってたし、

胸がうまく開けないことも気になってました。


言葉よりも、その語り口を見ていることには、

かなり驚かされました。


まるで、最近ハマっている”Lie to me”って

ドラマの内容そのものでした。


セッションは静かな中に、様々なセンセーションがあって、

またいろいろなことを学びました。


セッション後には、普段はあまり話さないのに、

いろいろと僕のからだのことを語ってくれました。


YouTube上で、Johnが、

Polarity TherapyやCraniosacral Therapyのことを

語っているのが観ることができます。


どうぞご参考までに、こちらで観てみてください。


その夜は、有無でみんなで飲んで、

Old Chicago行って、

最後は僕の家で飲みました。


久しぶりに大いに騒いで、とても楽しい夜でした。


土曜日には、ロルフィングのセッション2の練習をして、

今日はカフェでゆっくりしていました。


最近のBoulderはすこぶる暖かく、

まるで春のようです。


こんな穏やかな日が続けばいいのですが、

春になる前には、一度ガクンと冷え込むことがあるので、

静かに見守ることにしましょう。





明日はどんな表情を見せてくれるかね、Flatirons。


では。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<物語るようなセッション。 | HOME | 朝のはなし。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/707-73f8f51c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。