RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

旅から旅へ、旅から日常へ。

2011.03.31 Thu
昨日の陽気なタクシーの運転手さんと話をして、

最後のvortexの、”Airport Messa”に

行くことにしました。


朝日が見たかったので、

「いつぐらいがベスト?」って聞いたら、

「6時過ぎに出たらいいんじゃない?」

とのこと。


というわけで、少し早起きをして、

Sedonaのご来光を見に行ってきました。




SDIM1370

さすがにまだまだ暗く、

風が強く寒かったです。


でも、ここからSedonaの街を一望できて、

Bell Rockも、Cathedral Rockも、

また違った角度から見ることができました。






SDIM1372

ここにも日本人の方がいて、

さすがに女の子2人組だったので、

恥ずかしくて話しかけられませんでした。


それにしても、日本人の方がたくさんいますね。

恐るべしSedonaパワー。






SDIM1383

街よりも先に、山達が明るくなり始めています。






SDIM1384

この時間が、短いようで長かった。






SDIM1390

いよいよの登場です。






SDIM1391

音が止まり、太陽がやってきました。


なんとなく写真を撮ったら、

いわゆる「太陽マーク」みたいに撮れました。


なんだか幸せな気分になりました。






SDIM1404

反対側では朝が始まっていて、

空には2つの気球が浮かんでいました。






SDIM1412

もう完全に朝になりました。




怒涛のRolfingのunit2が終わり、

文字通り、休む間もなく、

2011年3月の旅が始まりました。


久しぶりに海に抱かれ、

SourcePointを学んだ、

Laguna Beach.


5年ぶりにライバルに出会い、

その成長を自分の目で見て、

またお互いにがんばることを誓った、

Los Angels.


何もすることができず、

ただただ悔しかった、

PhoenixでのSpring Training.


そして、大きく深い自然の中で、

静かに呼吸していた、

Sedona.


いよいよ旅も終わります。


こういう旅の中で、

失敗を繰り返しながら、

多くのことを学んでいます。


自分に足りないものも見えてきました。


そろそろ日本にも帰ろうかと思います。


やりたいことにも出会えたので。






SDIM1409

というわけで、

この旅も終わりにします。


ありがとうございました。




Yuta





関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<「標」 | HOME | 日が暮れる、人は家に帰る。>>

no subject

さて、今度は Four Countries Islandまで来る件についてですね。
- | 伊藤 | URL | 2011.03.31(Thu) 16:19:06 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

イトウくん、

まあ、タイミングがあればすぐにでも行きますよ。

僕を育ててくれた場所だからね。
- | 大友 勇太 | URL | 2011.03.31(Thu) 18:10:32 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/735-a86b0f7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。