RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

少し、コツがわかってきたのかな。

2011.04.07 Thu
ここ2日は晴れました。

よかったです。




昨日の午後は、

Stanley Parkってとこに行きました。


周囲を海に囲まれた公園で、

Vancouverのダウンタウンや、

North Vancouverの山々が見えます。


何個かウォーキングコースがあって、

僕は公園周りを歩くコースを選びました。


景色は最高なのですが、

約10キロほどありました。


そこの公園に至るにも2キロほど歩いていて、

歩き終わる頃には足が棒になりました。


もう、お遍路の頃の足ではないのですね。




夜にはディナーの約束があったので、

重いバックをホステルに置いてから

行くことにしました。


部屋に入ると、また新たな人が来ていて、

どうやら日本人の方でした。


4人部屋なのですが、

この人が来ると5人。


どうもおかしいのでフロントに確認しに行くと、

「そんなんだよね、5人なんだよね」

って、こっちのミスのような感じ。


おまけに、「誰が移動するの?」

って、上から目線。


まだ日本人の方が荷物を開いていなかったので、

その方に移動してもらうことにしました。


せっかくいろいろお話しようと思ったのに、

何だか残念です。


ホステルのミスなんですけどね。


そんなことしていたら、

もう集合時間までギリギリ。


ケータイはカナダで働いてくれないので、

急いで集合場所のスタバに向かいました。




今回のディナーをご一緒させていただいたのは、

Vancouverに住まれてもう15年になる、

日本人女性の方。


そんで、お知り合いになったのは、

なんとTwitter上だったので、

今回のディナーでお会いするのが初めてでした。


Twitterを僕がしていた時に、

僕が「英語がうまくいかーん」って嘆いていたのを、

ご親切に心配していただいて、

いろいろアドバイスをなさってくれたのです。


そこからのご縁で、

今回Vancouverでお会いすることになりました。


ブログ、mixi、Twitter、facebookなどの、

ネット上だけの関係というのがどうも苦手で、

もし連絡を取ったのなら、必ず会う。


というのが、僕の信念です。


実際、そういう流れでお会いした方は、

何人もいますし、まだまだいい関係を

続かせてもらっています。


いやー、ネットの力ってすごいなと思います。


そこに縛られすぎるのはどうかと思うけど、

仲良く付き合っていけると、

とても素敵な出会いがあります。

(もちろん、出会いは女性だけじゃないですからね。笑)


今回の出会いも素敵なものになりました。




ディナーの前にも、

素晴らしい体験をさせていただきました。


なんと昨日が、

Vancouverの125歳の誕生日だったのです。


全く狙ってなかったし、

しかもディナーの日も適当に決めたし、

聞いたときにびっくりしました。


ちなみに昨日は、

僕が海外生活をし始めて、

ちょうど1年が経った日でした。


すごい偶然。


テンションが上がらないわけがありません。


しかも、イベントをやっていて、

適当な時間に行ったら、

完璧なタイミングでメインイベントが始まり、

聖歌隊と、女性シンガーの熱唱と、

Vancouverオリンピックの聖火点灯と、

そして、最高の夕陽が見れました。


彼女と、そのあまりのタイミングの良さを

感動しつつ、ディナーへと向かいました。


僕のリクエストで、スペイン料理に行きました。


ビールが友達なら、こいつが彼女ってくらい好きな、

サングリアをいただくためです。


いろんなフルーツが入ったサングリアいただきながら、

そしてまた、いろんなシーフードが入ったパエリアもほおばりつつ、

ディナーでは様々なことをお話しました。


もちろんRolfingのこともお話させてもらいましたが、

聞き上手な方だったので、とても深い話題になりました。


それにしても、楽しい夜でした。




そして今日は、

Grouse Mountainと、

Capliano Suspension Bridgeに

行ってきました。


どちらも、昨日の公園からきれいに見えていた、

North Vancouver側にあります。


Vancouverの「都市」の感じから、

得意な「山」へ足を伸ばしてみました。


Grouse Mountainは、

”The peak of Vancouver”って呼ばれていて、

バスで1時間ほどかけて山の麓まで移動して、

そこからゴンドラで山頂まで移動します。


もちろんゴンドラ内は、

ほとんどがスキーヤーですから、

悔しい思い出いっぱいでした。


スキーがしたーい。


よく考えると、

Vancouverですごいところで、

ダウンタウンはあんなにおしゃれで洗練されてて、

そこから車だったら30分ほどでスキーエリアです。


それでいて海にも行けて、

うらやましいぞ、Vancouver住民。


Anyway、山頂は少しガスがかかっていて、

Vancouverのダウンタウンは見えませんでしたが、

ショッピングしたり、ランチを食べていたら、

ガスが晴れてきてくれました。


写真を載せるのが一番いいのですが、

今はアップできないので、

とにかく最高にきれいでした。


Vancouverは海に囲まれているので、

太陽の光が反射してきらきらしていて、

そして、山の緑もとてもきれいでした。


ここはスキーをされない方にもおすすめです。




そこからバスで山を下り、

山の途中で、Capliano Suspention Bridgeに行きました。


吊り橋です。


吊り橋ってよくTVでは見たりするけど、

意外に渡ったことってないんですよね。


なかなか高くて、少し足が震えましたが、

それは橋のゆれということにしておきました。


子供連れも多くて、

橋を渡っところにはアトラクションもあって、

日本だったら、間違いなく修学旅行で行くところでしょうね。


なかなか楽しい吊り橋体験でした。




と、最高の天気に恵まれた2日間ですが、

また天気は崩れそうです。


明日はすこしゆっくり動こうかと思います。


では、山頭火でラーメン食べてきます。


おいしかったらいいのですが。


また。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<UBCで「学び」について考えてしまった。 | HOME | 落ち着かない雨。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/740-9df4e6ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。